フィリピン留学〜ビザ情報まとめ〜

ビザ手続きの方法は、滞在目的(観光、学業、就業)と滞在期間で分かれ、フィリピンで必要なビザは、基本的に観光ビザとなります。滞在期間によって現地で必要な申請が異なってまいりますので、ご自身の滞在期間に合った手続きを確認してください。

フィリピン

観光ビザ

日本国籍の方であれば、フィリピンでは1ヶ月まではビザを特別申請しなくとも滞在することができます。1ヶ月以上滞在する場合は現地でのビザ延長手配をしなければなりません。現地にて毎月もしくは2ヵ月ごとに移民局に延長手続きをします。 最長で1年まで延長が可能で、初回の延長で59日までの滞在が可能です。

入国から30日間           ー  無料

1回目の延長(59日まで滞在可能) ー  3,600ペソ

2回目の延長(89日まで滞在可能) ー  4,900ペソ

3回目の延長(119日まで滞在可能)  ー  2,900ペソ

 

ビザ以外の手続き

・SSP(Special Study Permit)

SSPは、観光ビザで入国した外国人がフィリピン国内で合法的に学習をするために必要な許可証です。フィリピンでの留学においてはSSPが必ず必要となります。SSPは学校に到着してから申請書を作成し、学校が該当機関に申請をすると6ヶ月までの滞在が認められます。留学中に学校を転校する場合は学校ごとにSSPの申請が必要で、6ヶ月を超えた留学の際はSSPを再度申請する必要がございます。どんなに短期間であってもフィリピン留学をする際には必ず取得しなければなりません。
※申請費用:約5,500ペソ

・ACR I-CARD(Alien Certificate of Registration)

ACRは、外国人登録のことで、2ヶ月以上フィリピンに滞在する外国人は取得する必要があります。ACRは2回目のビザ延長時に同時に申請を行います。指紋登録、写真撮影が必要で、留学生の場合は語学学校のスタッフが同行して手続きすることが多いです。
※申請費用:約4,000ペソ

・ECC(Emigration Clearance Certificate)

ECCは、出国許可書のことで、6ヶ月以上フィリピンに滞在する人は事前に出国前に行き、申請をする必要があります。滞在歴の有無や、ブラックリストに載っていないかなどを証明する書類です。
※申請費用:500-1,000ペソ

フィリピン留学の際、学生ビザの発給手続きはほとんどが語学学校が代行してくれます。わからないことがあっても、これらのビザは現地で手配可能なので心配はいりません。

労働について

フィリピンでは観光ビザでの労働は認められていません。インターンシップ等での労働を希望される場合は、労働ビザの取得が必要です。労働雇用省へ外国人雇用許可証(AEP:Alien Employment Permit)を申請し、労働ビザの取得へ移りましょう。


おすすめ記事

ニュージーランド留学〜アーサーズ・パス国立公園〜

Hi, Yukaです。ニュージーランドの南島に横たわるサザンアルプスの山並みの北の橋に位置す…

カナダ留学〜バスディーポ〜

こんにちは、Yukaです。カナダの旅系の雑誌を読んでいると「バスディーポ」という…

アメリカ留学〜ブライス・キャニオン国立公園〜

アメリカにあるブライス・キャニオン国立公園はザイオン国立公園の近くのユタ州南西部にある国立公園で公園…

ニュージーランド留学〜ゴルフ〜

こんにちは、Yukaです。ニュージーランドにあるゴルフコースは400以上。人口に対するゴルフ…

語学習得に良い塵積勉強法とは?!

みなさん、こんにちは!留学カウンセラーのかおりです。以前、勉強をする際にしなきゃいけないこ…

アメリカ留学〜シポートビレッジ〜

アメリカ合衆国のサンフランシスコ、さらにそのなかの街であるのがサンディエゴです。ノスタルジックな…

TESOL留学〜打倒IELTS6.5〜人気のお店〜

バギオには意外とおいしい店がいっぱいあります。特に韓国人が多いので、韓国料理屋さんがあちこちに。…

ブログ奨学金留学ギア

アーカイブ

PAGE TOP