カナダ留学

カナダ、トロント、モントリオール、ケベックの違い

ケベック留学

Hi Fujiです

僕が初めて語学学校に通ったのはカナダのバンクーバー、そしてその後トロント、モントリオール、ケベックとカナダの主要都市すべてに訪れました。多くの都市の語学学校を実際に見てきました。カナダと一口に言っても観光でも英語を学ぶ上でもいろいろな違いがあるため都市ごとの違いを簡単にまとめたいと思います!

■バンクーバー

カナダ留学

圧倒的にカナダNo.1の人気を誇る都市ですね。カナダと言えばバンクーバーが一番最初に頭に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。観光地としてもとても人気ですね。留学目的地としても他の都市よりもバンクーバーに集まります。日本人だけでなく、世界中の留学生が集まります。そして自分も例にもれずバンクーバーに最初に行きました。

バンクーバーの留学都市としてのメリットの1つは日本人が過ごしやすい、ということです。多くの日本人、アジア人が留学、観光、移住をしているため、働く先を見つけることも難しくなく、街中にはたくさんの日本食レストランがあります。

メリットの2つ目は観光スポットがたくさんあります。飽きないです。世界中からの留学生の友人ができたあとに様々な場所に遊びに行くことができます。

デメリットとして思い浮かぶのは1つしかないですね。語学学校の日本人比率です。
これはバンクーバーが人気なためしょうがないですが、日本人比率は高いです。もちろん世界中から留学生が集まっているためいろんな国籍の人が学校にはいますが、日本人の英語力は大差がなく、レベル分けテスト後は日本人がまとまってしまいがちです。自分が行った際、半分以上日本人となってしまうクラスもありました。
街中でも日本人がたくさんいます。英語を話す機会が減ってしまいがち、ではあります。だからこそ英語初心者の方は過ごしやすく、無理なく留学することができる都市です。

■トロント

トロント留学

簡単に言ってしまうと、バンクーバーの日本人比率が少し減った都市、です。日本食レストランもあれば都市もあり、少しバンクーバーよりも雑多な感じがしますが、過ごしやすいです。

「カナダに行きたい!でも日本人はあまりいてほしくない!」

という人がトロントに行くことが多いです。前まではトロントの日本人比率は低めだったため良かったのですが、今となっては上記のように考える人が増えすぎてしまいトロントであっても日本人比率は高めです。1クラス半分以上が日本人なことも珍しくありません。そのためトロント最大のメリットであった日本人比率の低さはいまはあまりありません。それでもバンクーバーよりは低いです。日本人が全然いない、というイメージを持ってトロントに行ってしまうと現実と理想の違いが大きいため注意してください。

■モントリオール

モントリオール留学

モントリオールはバンクーバー、トロントとは大きく異なってきます。モントリオールはバイリンガルシティーと呼ばれ、英語とフランス語をみんな話す2カ国都市です。

カフェに行くと「Hello, Bonjour」と英語、フランス語の両方で挨拶をされます。「Hello」と返事をすれば英語で会話は始まり、「Bonjour」と返事をすればフランス語で始まります。会話の途中でも英語で話す人やフランス語で話す人が途中から入ってくると言語がスイッチします。

モントリオールのメリットの1つは日本人比率の低さです。バンクーバー、トロントと比べると圧倒的に日本人比率は低くなります。カナダで日本人比率の低い場所で英語を学びたいのであればダントツでモントリオールとなります。

メリットの2つ目は英語だけでなくフランス語も学ぶことができるということです。英語だけを学びに来た人でも、いやでもフランス語を少しは身についてしまうでしょう。語学学校でも英語だけでなくフランス語のクラスも展開しているところは多いです。

メリットの3つ目は語学学校にいながら現地のカナダ人と友達になれる、ことです。これはモントリオールならではですが、語学学校の英語クラスに学びに来るのは世界中からの留学生ですが、フランス語クラスに来るのは留学生プラス現地のカナダ人なんです。そのため、普通であれば語学学校ではネイティブではない友達しかできませんが、モントリオールでは語学学校にいながらネイティブのカナダ人と仲良く慣れるのはとてもうれしいことです。
留学にあまり時間を割くことができない、でも英語もフランス語もなんとか身につけたい!という人はモントリオールで両方のクラスを取る人もいます。

デメリットがあるとすると、英語だけでは仕事をなかなか得ることができない、ということです。英語を学ぶ、習得ということに集中してモントリオールで学ぶのはとてもいいですが、ワーホリなどで仕事を得るのは英語だけではなかなか難しく、フランス語も求められることになります。そのため、日本人が少ない環境で英語を学んだ後にトロントやバンクーバーに移り仕事を見つける人は多くなっています。

■ケベック

ケベック留学

ケベックは自分が一番好きな都市ですが、英語は残念ながら学べません。完全にフランス語な都市です。第一言語がフランス語です。ケベックの人は英語も話せるのですが好んでは話しません。直接聞いたところ、ケベックのように英語圏の国でフランス語都市の文化を守るのは大変なことなんだと、そのためその文化を守るためにフランス語を使わなければいけない、と言っていました。

僕は英語しか話せないのですが、そんな場合でもフランス語を使うことを強要されることはなく、英語で接してくれ、ケベックを案内してくれました。

英語を学ぶことはできないのですが、都市として非常に面白いです。だってカナダという英語国家の中にケベックがあり、そのケベックではみんなフランス語を話しているんですよ。なんだか不思議じゃないですか。こういうのが日本でもできたらいいですよね。千葉県だけは英語を第一言語としている、みたいな。
世界の人生で一度は行っていみたい都市に毎回上位ランクインしているそうです。

ケベックはフランス語を学びたい人が行く都市です。フランスでフランス語を学ぶよりも安いですし、治安もとてもいいです。犯罪が年間通してほっとんど起こっていないそうです。

デメリットは、そうですね、バンクーバーと比べると少し田舎になるところですね。その分、ワイン用のぶどう畑があったり、できたてのメープルを食べれたり、田舎寄りならではの楽しみ方があります。

■まとめ

英語をカナダで学びたいのであれば僕はモントリオールがおすすめですね。移住するならバンクーバー、観光するならケベック、仕事もしながら英語を学ぶならトロントですね。


関連記事

  1. カナダ留学〜アクティビティ〜
  2. ◆カナダでAIKIDO(合気道)を習う◆
  3. ◆カナダでホームステイをする2◆~今夜はパーリナイ~
  4. アラサー留学〜国選び〜
  5. カナダ留学4カ月前
  6. カナダ留学〜ドギー・バック〜
  7. カナダ留学の魅力
  8. カナダ3ヶ月目にして初観光しました(遅すぎ)

留学生の”リアル”な生活

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

おすすめ記事

ヲタクOne(10)OneProjectサイドストーリー「沖縄ー東京ノーフライト遠征」

せめて、宮近くんの年下に生まれたい人生だった。どうも、てんです。…

【初ブログ】フィリピンのバギオ留学

皆さん始めまして。Sluggerと申します。この度自分の留学の記録、情報提供が出来たらと思い、この…

PAGE TOP