CanPacific

カナダとアメリカのコンセント、プラグ

海外コンセント、プラグ

Hi Fujiです

もうすぐGWですね!もう既にGWに入っている人も少なくないと思いますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか!?

自分はというとカナダのトロント、ケベック、アメリカのニューヨークに出張となります。遊びじゃないですよ。仕事ですよ。いい仕事だなーと思うかもしれないですが、とても大変です。ヘトヘトになります。

今回の目的はもちろん現地の学校視察になります。定期的にどの学校がちゃんと運営されており、質の良い授業を提供しているのかを各国視察をしています。留学というのは何回も行けるものではないので、弊社のような留学エージェントがしっかりと学校を見極めることはとても重要です。

さて、国が変わると気になることがたくさんあると思いますが、いつも上位にくるのがコンセント事情ですね。各国コンセントの形が異なるため、変換プラグやアダプターを準備しなければならない場合もあるため確認していきましょう!

今回のカナダ、アメリカですが、気になるコンセント、プラグの形は日本と同じAタイプです!!準備しなくていい!嬉しい!!変換器などなしでもそのまま使用することができます。安心ですねー。

コンセントAタイプ

電圧は日本とは少し異なります。カナダが110V、アメリカが120V、日本が100Vです。パソコンやスマホなどの充電器はほとんどが日本と異なる電圧でも対応していますが、ドライヤーなど電気をたくさん使うものの場合は変圧器を使ったほうが安全です。使えなくはないですが、壊れたり、火を吹いたりする可能性があります。

基本的に留学の際には、電気を多く使う電気製品は持っていかず現地で手頃なものを調達するのが一番おすすめです。帰国時に友人やインターネットを通して売ったりすることも可能なので、荷物を減らすことができます。

小さいことですが、あらかじめ準備をして留学に行きましょう!

see you soon


関連記事

  1. アメリカ留学〜サンフランシスコ〜
  2. 海外(ホームステイ先・友人)へのお土産1
  3. この私をコーヒー飲める体にしてくれたトロントのおすすめカフェ
  4. 海外体験記〜「諦めなかった留学への道」〜
  5. ヨーロッパあるある
  6. 時差ぼけ対策
  7. Dream Silicon Valley
  8. 学校初日!入学の流れ

ピックアップ記事

  1. アロハ

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

納豆をカナダ人とメキシコ人とアルゼンチン人に食べさせてみた。~婚活看護師ナカダのネバネバ編~

ホントはね、JBにお土産で「くさや」を持っていったんだけど、食ってくれないのよね。いや、もう「く…

エストニアの幼稚園、プレイルーム、子ども向け博物館に行ってきた。

エストニアにの滞在予定は3〜4日。その間に子育て…

PAGE TOP