オーストラリア留学

海外体験記〜『ハサミ』〜

名前:土屋壮史
場所:オーストラリア
目的:大学留学

某ITサービス企業の最前線で活躍する土屋さん。大学から突如オーストラリアへ留学。世界を見て、何を学んだのかお話を伺うことができた。

なぜ留学に、オーストラリアに行きたいと思ったんですか?

本当は日本の大学に行きたかったんですよね。ただもちろん入りたい大学ってのもあって、でも、そこに合格するのが難しいなって思ったんです。それなら、もう日本の大学にこだわる必要なんてと自分を一新しようと調べ始めたのがきっかけでした。もちろんはじめにアメリカも考えたんですけど、サブプライム問題もあって、イギリスは物価高い、寒い・・・オーストラリアは日本との時差もなく、気候も良いようだったので、University of Queens Land(UQ)に決めたんです。現地では一番いい大学って聞いたので、行くならここだって。だけど、英語がそんなに得意ではなかったので1年間語学学校に通って大学を受けた感じです。オーストラリアの大学は3年制なので、実質4年間海外で学生をした感じです。

実際に行ってみてどうでしたか?

自然環境は本当に良かったです。天気も良いし、もう申し分がなかったです。びっくりしたのは日本人を含めたアジア人の多さでした。海外なのに日本人の数も多く、中国人はすごい数でした。南米人も多かったですね。これがグローバルだなって感じでした。

留学で学んだことを教えてください

オーストラリアについてすぐはホームステイをしていたんですが、ホームステイだと自由が利かなかったり、お金の心配もあったので、途中からはシェアハウスも経験しました。実は、約4年間の間に引越しを10回以上したんですよね。結構多いって言われます。もちろん色々な理由で家を変わったのですが、その分、新しい街のことを知れたり、新たな人と出会ったりとても充実していました。ガムツリーっていうサイトで家探しが手軽にできたので、これからオーストラリアでシェアハウスを探す人にはオススメです。土日はサッカーや、ビーチに行ってバーベキューなど、日本並みに遊びの環境は整っていると思います。教育の仕組みですね。勉強環境が異なります。図書館が年中開いていたり、試験勉強の姿勢が日本と違っていたり。日本人からすると、とても異質に思えるかもしれないです。

迷っている人に一言


僕は特別なハサミを手に入れたと思っています。留学という特別なハサミです。留学というものはとても特別なものです。それをどう生かすことができるのか。よくバカとハサミは使いようっていうように、すべては使いようです。環境次第では人は変化をすることができるけど、そこでの経験を生かすか、無駄にするかは自分次第なんですよね。本当にあっという間のオーストラリア留学でした。僕にとっての留学は環境を変える一つの手段だった。海外の知り合いもたくさんできたし、親の元をかなり離れることで、自炊、生活のことを全て自力ででき、生活する自信をつけることができたんです。行くまでも大事ですが、本当に大切なのは、行った後にどうするのかです。もう一度、出国してからのことをしっかり考えて、絶対人一倍経験してくる!って思えたら是非海外に行ってください。そして、そこでの成功体験を、日本人に広めてください。


関連記事

  1. Life in Adelaide
  2. lalingua-realworld オーストラリア留学〜La Linguaの授業概要〜
  3. オーストラリア留学〜国民的スポーツ〜
  4. オーストラリア留学〜コアラとアボリジニ伝説?!〜
  5. オーストラリア留学〜オーストラリアの俳優メル・ギブソン〜
  6. オーストラリア留学〜毒を持ち卵を産む哺乳類、カモノハシ〜
  7. 5代目オーストラリアOneに選ばれました!
  8. オーストラリア留学〜タスマニアデビル〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダの家! Move for new house

こんにちは。Nobuです。カナダ生活、3日目!昨日、ホテルから一週間お世話になるお宅に引っ越し…

カナダに入国!イミグレカードの書き方・VISA受け取り方

こんにちは。Nobuです。にぎやかだったフィリピン生活から一転、一人になったのでなんだか寂しさを…

PAGE TOP