オーストラリア留学

オーストラリア留学〜語学学校の国籍割合の実態〜

留学する上で重要な判断基準の一つに語学学校の国籍割合があります。

留学する目的は人それぞれで、英語を話せるようになりたい人や異文化に触れながら生活してみたい人、TOEICやTOFELで目標の点数を取りたい人、さらに最近では就職活動のために留学する人までいますね。

どの留学が良い悪いというわけではないのですが、留学の目的と留学先の国や語学学校が適しているのかという点はシビアに考えなければなりません。

その際に大きな要素となるのがこの国籍割合・国籍比率になります。

オーストラリアの語学学校は比較的日本人が多い傾向がありますが、中にはほとんど日本人が在籍していない語学学校も存在しています。

1(1)

裏話にはなりますが、語学学校の国籍比率は語学学校の経営している人や資本により、国籍割合が決まってきたり、働いているスタッフの国籍にも大きく左右される節があります。

他にも、コースによって国籍が偏ったりもします。TOEICコースには日本人や韓国人が多かったり、ケンブリッジ英検のコースにはスイス人やドイツ人の学生が集中したりします。

したがって、留学の際の目的に合わせて、国や語学学校を選んだ上で、国籍の比率をしっかりと確認するようにしましょう。

留学ギアの奨学金情報はこちら


関連記事

  1. オーストラリア留学〜波の岩、ウェーブロック〜
  2. 19歳で40万必要? 〜初海外Part1〜
  3. 海外体験記〜『なんとかなる』〜
  4. オーストラリア留学〜ブランズウイック・ストリート〜
  5. オーストラリア留学〜ニューサウスウェールズ州〜
  6. オーストラリア,La Linguaポイント オーストラリア留学〜La Linguaの注目ポイント〜
  7. オーストラリア留学〜世界最大級の一枚岩ウルルとは?〜
  8. 就職活動と英語

ピックアップ記事

  1. オタゴ大学
  2. 結婚指輪の交換

ブログ奨学金留学GEAR

おすすめ記事

ヲタクOne(10)OneProjectサイドストーリー「沖縄ー東京ノーフライト遠征」

せめて、宮近くんの年下に生まれたい人生だった。どうも、てんです。…

【初ブログ】フィリピンのバギオ留学

皆さん始めまして。Sluggerと申します。この度自分の留学の記録、情報提供が出来たらと思い、この…

PAGE TOP