Monol

フィジーvsフィリピン 留学比較


皆さんこんにちは、arianeです

早速ですが今回のブログでは、前回のブログで言っていた通り、私なりにフィリピン留学とフィジー留学を比較していきたいと思います。

その前に前回のブログでフィリピン留学の魅力について語っている記事があるのでこちらもぜひぜひご覧ください。↓↓

http://ryugaku-gear.com/ariane_world-2/

 

初めにご理解いきたいことがあります。私は実際フィリピンにしか留学したことがありません。私が留学する時に格安留学について調べた内容からどのような違いがあったのかについて述べていきたいと思います。自分なりにネットで得た情報から私がフィリピン留学にした決め手をご紹介します。

※フィジー留学に関してはネットのみの情報ですので偏りがあるかもしれませんがご了承ください。

ではでは、本題に入っていきたいと思います。

留学先を探しているとき、『格安留学』と打つとたいてい

フィジー留学

フィリピン留学

が出てくると思います。前回のブログであんだけフィリピンはほかの国より安いしお勧めだとか言ってたのにフィジー留学も安いじゃねーかよと思われた方も多いかと思います。

ですが!!

それでも私がフィリピン留学をお勧めする理由がありますので順番にご紹介していきたいと思います。

フィジー留学VSフィリピン留学

そのⅠ 授業形式

〇グループ授業vsマンツーマン授業

フィジーは他の英語圏の国と同じように授業形式は、グループ授業です。

英語初心者は中々グループ授業についていけなかったり、自分が話さなくても授業は進むので英語を話す機会が減ってしまうと思います。

 

それに対して、フィリピンではマンツーマン授業それに加えてグループ授業も行われています。

マンツーマン授業では自分が話さなければ、授業が進まないという状況に追い込まれます。

ですがその分先生方も私たちと話そうと私たちの要っていることを聞こうと待ってくれたり、自分のレベルに合わせた授業をしてくれるのでほっていかれるという人はいません。

また、、、

グループ授業の人数にも違いがあります。

フィジーは1グループ10~15人ほどのクラスですが、フィリピンはマンツーマン授業が基本なうえ1グループ5~10人の少人数制を取っています。

グループ授業では一人二人それなりに英語が話せる人がいると、間違いたくなかったり、変に焦ってしまいなかなか発言できずに終わってしまいます。

 

そのⅡ 授業数/1日

〇少ないvs多い

フィジーでの授業のコマ数はグループ授業5時間半、対してフィリピンは、マンツーマン5時間グループ2時間。

 

フィリピンの学校の中にはそれ+無料クラスなどをしている学校もあります。無料クラスではテスト対策クラス、宿題・自習を先生のいる下でするクラス、ワーホリの面接準備のコース、またヨガやギターのクラスなどをしている学校もあります。無料クラスは実施していない学校もありますので要チェックです‼

またこれに関しては、多ければいいというわけでもない場合もあります。息抜きや、その国の文化に触れることも大切だと思いますし、いくら授業が多くても授業でやった内容が、消化できていなければ意味がないからです。復習重視の学校であるか、試験対策コースの評判、ワーホリ前の対策はあるのかなどなど、自分に合った語学学校を探すことは本当に大切です。

そのⅢ ステイ先

〇ホームステイもしくは寮vs寮 

フィジーは基本ホームステイの人が多いようです。ですがここで注意が必要なのは、フィジーの母国語はヒンディー語であるということなのです。公用語は確かに英語ですが、留学生がいようと家ではヒンディー語を話していて、何を言っていつのかさっぱり。ホストファミリーとの仲は仲良くなるとか以前の問題だったという話を聞いたことがありました。どこの国であろうと、人間同士の問題なので仲良くなれないことはあったとしても、、、という感じですやね(笑)お金目的の所に当たるとしんどいかもしれません。これがホームステイの当たりはずれの怖さではありますね…

食事に関しては平日のお昼は自分で用意しなければなりません。そして寮だと食事は完全に自炊になります。一人暮らしをしたことない人や、料理を作るのが苦手な人には向かないかもしれません。

 

一方フィリピンでは、基本学校に併設してある寮にステイすることが多いです。フィリピンの寮の多くは、毎日の朝昼晩の食事の提供をしています。

また学校に併設しているので学校までの通学時間を考えなくてよいというメリットもあります。

 

そのⅣ 講師

〇インド人+フィジー人vsフィリピン人+アメリカ、イギリス、カナダなどのネイティブ

フィジーではインドの方と現地のフィジーの方が講師です。フィジーの方の英語は聞いたことがないのですが、綺麗だという人もいれば、日本人には聞き取りやすい英語だがそれを英語の発音として綺麗だというのはまた別の話だという人もいて意見が分かれています。ですが、公用語が英語ということもあり、現地の方と英語で難なく会話できるというのは魅力の一つかもしれません。

 

フィリピンではフィリピン人とネイティブ講師です。これに関しての注意事項として、フィリピンでもネイティブ講師のいない語学学校もありますので要チェックです‼またフィリピン人の英語の訛りですが正直訛りはあるように思います。比較的綺麗な人もいれば、結構訛りがきつい人もおられました。(←フィリピンのセブ島)またフィリピンでも場所によっては、訛りが少なくきれいな発音だといわれている所はあります。そういった点で調べるのもいいかもしれません。また現地の人は英語が話せたら仕事の幅が増える分英語教育には力を入れていますが、ストリートチルドレンがいるほど貧しい国なので、英語が全く通じない人もいます。(タクシードライバーなど)

ここで私が一つ言いたいのが、正直訛りに関しては、皆さんの年齢が10代まででない限りさほど気にしなくていいと思います。

若ければ若いほど訛りはなくなりやすいので、若い方はネイティブ英語に近づけるためにも少し高くてもアメリカなどの英語圏に留学した方がいいかもしれません。ですが、ほとんどの場合はどうしても日本語訛りは残ってしまいます。リスニングに関しては慣れだと思います。日本でいう方言のようなものだと私は思っているので、多少違えど慣れてくれば問題ないように思います。

耳がいい人やセンスのある方は、何歳で留学しようと発音は綺麗だったりします。悔しいですが、、、

それに、ネイティブ英語といえど、アメリカも場所で大きく違いますし、カナダはフランス語なまりの場所があったり、オーストラリアだとまた全く発音が違ったりします。発音がきれいといわれるイギリスですが、わたしはイギリス英語はあまり好きではありません。このように好みもあるので、発音に関しては若くない限りさほど問題視しなくてもいいかと思います。私的にはまず、英語でコミュニケーションをとれるようにすることの方が大切だと思います‼

 

そのⅤ 留学生の国の比率

〇日本人vs韓国人

フィジーでは9割が日本人だといわれるほど日本人比率が高いです。その分他の国の友達を作るのは少し難しいかもしれません。私は、留学期間中日本人と一切かかわらない方がいいとは思いません。ですが、語学を学びに行く留学では日本人ばかりの環境で毎日日本語を使い過ごすというのはもったいないように思います。

 

一方、フィリピンでは日本資本の学校と韓国資本の学校でまた大きく違うかもしれませんが、韓国資本の学校が多い分韓国人も多いです。ですが日本人もすごく多いです。やはり、英語アレルギーの強い日本人はフィリピンやフィジーなどの初心者向けの留学先を選ぶことが多いようです。ですが正直、日本人と韓国人が多いのが事実でもありです。

ここで学校を選ぶ時の要チェックポイントがあります。フィリピンでも国際比率を管理している所もありそこは学校を選ぶ際の要チェックポイントになってきます。

また、フィリピンの留学生の国としては中国、サウジアラビア、ベトナム、ロシア、台湾、韓国、日本と幅がまだ広いかもしれません。

フィジーは9割日本人でそのほかは、韓国やモンゴルからの留学生というところが多いそうです。

そのⅥ フライトや時差

〇長旅vsアジア旅

フィジーはバヌアツやツバルの近くで、ニュージーランドの上、オーストラリアの右隣の小さな島です。なので、日本から離れているのはもちろん日本からフィジーまでの直行便がない分、15時間前後の長旅になってしまいます。そして距離もあるので、航空券は10万から15万程度かかります。(時期によります。)また時差は3時間あり、フィジーの方が日本より3時間早いです。

 

一方、フィリピンには直行便が出でいます。フィリピンは同じアジアで近いので、直行便だと4,5時間あればつきます。また、航空券も5~10万程度で抑えることができます。時期などでもっと安く抑えることもできるそうです。フィリピンとの時差は1時間で1時間フィリピンの方が遅いです。

そのⅦ 治安

治安に関しては、日本から比べると大概の地域は危険といわれると思います。夜出歩かないこと、いかにも高そうなものを身につけたり、持っていたりしないこと。ひったくりにあいます。フィジーもフィリピンも治安に関してはさほど差はないように思います。

ですが、フィリピンはたくさんの島からなる国です。それぞれの島や、地域で危険度は全然違うので前もって調べる必要があるかもしれません。

 

とざっくりこんな感じでしょうか…

またしても長々となってしまいました…

私個人としては、やはりフィリピンがお勧めですが、だれに進められようが行くは自分です。自分に合った留学先を選ぶことが一番重要なことなので自分で納得いくまで調べ、沢山の人に質問して情報を集めて自分に合った留学スタイルで留学生活をエンジョイさせてくださいね‼

ではでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

次のブログでは遅くなりましたが、軽く『自己紹介ブログ』を書こうと思っているのでぜひ見に来てください。

初めて一人で海外に行った話や、留学に興味を持った理由、好きな歌手などもシェアできたらなぁ~なんて考えてます。

1つ目のブログ『無料留学』↓↓是非是非チェックしてみてください‼‼

http://ryugaku-gear.com/ariane_world/

2つ目のブログ『何で最近皆フィリピンに留学すんの???』↓↓

http://ryugaku-gear.com/ariane_world-2/

 


関連記事

  1. Money×Time 「お金があっても自由はない?」~幸せになる…
  2. フィリピン留学〜打倒IELTS6.5〜バギオのピザ屋ランキング〜…
  3. イギリス留学〜ロンドンの博物館11選&人気ミュージカル10選
  4. ニュージーランド留学〜アオラキ/マウント・クック国立公園〜
  5. フィリピン留学〜打倒IELTS6.5〜フィリピン人の遊び方?〜
  6. マルタ留学〜電話のかけ方〜
  7. 授業スタート〜フィリピン・アイルランド2カ国留学〜
  8. シーバス カナダ留学〜シーバス〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

この私をコーヒー飲める体にしてくれたトロントのおすすめカフェ

こんにちは!実は私、コーヒー飲みません。飲め…

佐々木ゲイにもてすぎ問題

佐々木、可愛いらしい。(ゲイ的に)ゲイに受ける体つき、顔らしく、すげえもてる。佐々木のモテモ…

PAGE TOP