アメリカ留学

海外体験記〜『念願の留学withボージャングル』〜

名前:柳田 麻央
場所:アメリカノースカロライナ州(シャーロット)
目的:大学留学

大学の提携プログラムを使って大学留学を果たした柳田さん。長年の夢だった留学を実現させて、何を経験として学んできたのか。インタビューをさせてもらいました。

なぜ留学に行きたいと思ったんですか?

高校時代から英語の勉強が楽しくて、アメリカの歴史にもすごく興味があったんです。それで大学の3年生の時に約10ヶ月間アメリカ留学してみようとしたんです。大学2年の時に親しくしていた友人がシャーロットに留学をしていて、日本人も少なく、いい環境だと言っていたのと、通っていた大学の提携大学があったので行き先はすぐに決まりました。ただ、英語は好きだったんですが、私の英語が伝わるのか、海外で友人ができるのか、不安でいっぱいでした。

実際に行ってみてどうでしたか?

ほとんど事前に調べていた情報と異なることはなく、問題なく生活できました。学校から共有されていた情報もあったのですが、それ以上に友人からの情報はとても為になりました。留学に行く際には、留学エージェントや大学の情報だけではなく実際に現地へ行った人からアドバイスをもらえる都いいと思います。南部で民族も多様で街中は治安が悪いという情報だったが、とくになんともなかった。滞在中も事件は少なく、生活はしやすい街でした。

忘れられないボージャングル。ボージャングルっていうのは、現地にあったファストフード店の名前なんですが、そこのビスケットのチキンケジャンサンドが忘れられないくらい美味しくて。日本ではまだ展開していないので、早く日本に進出してほしいくらいハマってしましました。私の留学の忘れられない思い出の一つです(笑)もともと歴史について学びたかった中で、歴史の授業も取れたのは本当に良かったです。寮では、アメリカ、コスタリカ、ドイツなど様々な国の人と生活ができて異文化を肌に感じました。

日本との違いは感じましたか?

日本の大学大きく違うところは、図書館が24時間利用可能というところです。テスト前になると朝から席がいっぱいです。朝5時に図書館に行っても、席を確保できないこともありました。それだけ、試験が大変なんです。卒業に大きく影響してしまうので、どの学生も必死でしたよ。

迷っている人に一言


日本人と最低限しか関わらないでも生活するという意思があれば、本当にオススメです。私自身、日本人が集まるパーティなどには極力参加しないようにしてました。留学はとてもお金がかかります。英語を勉強したいという理由だけであれば、日本の英会話教室に通うなど選択肢、方法は沢山あります。それでも、海外を選ぶのであれば、しっかりと覚悟を持って世界の人々、現地の環境に多く触れてほしいです。そして忘れられない思い出と、友人を作ってください。


関連記事

  1. 常夏の島 【実際どうなの?】常夏の国ハワイって年中夏なの??
  2. ハワイ留学〜絶品グルメ「カフクシュリンプ」〜
  3. アメリカ留学〜Abercrombie&Fitch〜
  4. アメリカ留学〜SEPHORA〜
  5. アメリカ留学ルート66 アメリカ留学〜ルート66〜
  6. アメリカ留学〜ポートランド・トレイルブレイザーズ〜
  7. アメリカ留学〜Hollister〜
  8. アメリカ留学〜カリフォルニアと西海岸〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

納豆をカナダ人とメキシコ人とアルゼンチン人に食べさせてみた。~婚活看護師ナカダのネバネバ編~

ホントはね、JBにお土産で「くさや」を持っていったんだけど、食ってくれないのよね。いや、もう「く…

エストニアの幼稚園、プレイルーム、子ども向け博物館に行ってきた。

エストニアにの滞在予定は3〜4日。その間に子育て…

PAGE TOP