アメリカ留学〜ビザ情報まとめ〜

ビザ手続きの方法は、滞在目的(観光、学業、就業)と滞在期間で分かれます。

アメリカでは目的により異なりますが、期間に関わらず必ずビザが必要です。留学の場合、3ヵ月未満の短期滞在の場合はESTAという電子ビザまたは学生ビザ、3ヶ月を超える場合は学生ビザが必要です。観光に関しても下記で触れているので、観光目的で行かれる方も参考にしていただければと思います。

アメリカ

学生(F-1)ビザ

3ヶ月以内の場合

3ヶ月以内の短期留学をする場合、週あたりの授業時間数によってビザが異なります。週18時間以上のフルタイムコースを受講される場合は長期留学と同じ学生ビザ、18時間未満のパートタイムコースを受講される場合は電子システムであるESTAへの登録が必要となります。渡航前に必ず登録をするようにしましょう。

3ヶ月以上の場合

3ヶ月以上の長期留学の場合は学生ビザを取得することとなります。アメリカの学生ビザは、ビザ申請前に学校もしくはプログラムへの受け入れおよび承認を得ていることが必要です。最初にI-20と呼ばれる許可証をアメリカ語学留学先の学校から取得する必要があり、その後アメリカ大使館にアメリカ留学生ビザであるF-1ビザの申請手続きができます。申請には2時間程かかる書類の提出の後に面接があるため、余裕を持って申請することが大切です。

Grace Periodについて

アメリカの学生ビザにはGrace Period(帰国猶予期間)という制度があり、F-1ビザを取得している場合、学位修了(I-20のプログラム終了日)から60日のGrace Periodが与えられます。M-1ビザの場合は30日となります。学校を卒業してからも60日間は合法で滞在することができますが、1日でも過ぎると不法滞在となるため注意しましょう。

労働について

アメリカでは学生ビザでの労働は認められていません。ワーホリのないアメリカでインターンシップをすることは簡単ではありませんが、一方でシリコンバレー等でのインターンをする人が増えているのも事実です。インターンをする場合は労働ビザを取得しましょう。

観光ビザ

観光目的の訪問や留学が他の国に比べても多いアメリカは、特定の国の国籍を持つ方に対してビザを免除しています。90日以内の短期滞在であればビザの取得は必要ありませんが、その際は滞在期間に関わらず、ESTAという電子渡航認証システムへの登録が必ず必要です。

Electronic System for Travel Authorization (ESTA)

ESTAはアメリカの電子渡航認証システムのことです。別な国へ行かれる方のトランジットを含め、アメリカに渡航するすべての渡航者は、事前に電子渡航認証システムESTAにより、電子渡航認証の取得が義務付けられています。ESTAの申請をすることでアメリカ行きの航空機、船への搭乗が許可されます。ESTAは、アメリカへの入国が許可されたものではなく、アメリカへ出発できるという許可のためアメリカ到着後に入国審査があります。搭乗直前でも申請は可能ですが、遅くとも出発の72時間前までに余裕を持って申請を行いましょう。ESTA申請用のサイトが多数存在しますが、手数料が発生するサイトでは申請費用以上の請求をされることがあります。
※申請費:14ドル(クレジットカードでの支払い)


おすすめ記事

オリエンテーション〜フィリピン・アイルランド2カ国留学〜

こんばんは〜カメ子です^_^今日はテストやらオリエンテーションやらがありました!-7時〜…

ナースのギリホリ留学 〜LとR〜

こんにちは!日本に帰るまでに、なんとか体型を戻したいMihoです!!パン主体の食事って、やっ…

アイルランド留学〜アイルランドの英語〜

Hi Fujiですアイルランドの英語はイギリス英語なのか、アメリカ英語なのか?答えはイギ…

ただいま東京!!〜家なき子始めてみました〜

こんにちは!バーディです!今回は最近リゾートバイトを終えて、東京に帰…

アメリカ留学〜噴水の町〜

こんにちは、ギアです。ダウンタウンや郊外を含めて、カンザスシティには200以上の噴水があります。…

フィリピン留学の前に『何もない豊かな島』カオハガン島

夢の一つ、カオハガン島に行ってきた!!カオハガン島とは、フィリピンにある『何もない豊かな島』で、日…

最後のブログです!

 どうも佐々木です。最後のブログです!TOEICとか受けてその結果を載せて留学の成果が目…



  

  

留学GEAR

One porect
ブログ投稿して支援金を受け取る方法
AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

























PAGE TOP