アメリカ留学

海外体験記〜『発見』〜

名前:宮澤 智美さん
場所:アメリカ
目的:語学留学+栄養学の研修

大学2年生の夏休み中にアメリカ留学した宮澤さん。大学では栄養学を専攻されていたので語学留学のみならず、栄養学を学ぶためにアメリカに飛び立ちました。管理栄養士としても成長でき、自分の現在の語学力も知れたので留学に行って本当によかった、留学に行かないと知ることができなかったことがたくさんあります、とお話していただきました。

なぜ留学に、 アメリカに行きたいと思ったんですか?

学校のプログラムにあったので挑戦してみようと思いました。海外の栄養学について知りたかったというのと語学研修も兼ねていたので、少しでも語学力を伸ばしたいと思って留学を決意しました。

学校のプログラムなので他に選択肢はありませんでした。でも世界的に見て糖尿病患者数が多いアメリカは栄養学を学びに行く上でよかったと思います。

実際に行ってみてどうでしたか?

姉妹校だからそこに働いてる先生とか、サポーターの人とか日本語を理解できる人だったけど、英語を話してくれました。私が拙い英語を話しても理解してくれたので安心しました。施設も充実してるし、プログラム的にも語学研修と栄養学を学べて一石二鳥ですごく楽しかったし、勉強になりました。栄養学については、栄養の専門用語を学ぶ時間があって、実際に現地の病院に行って病棟や食堂を見学したり、現地の大学の栄養学の授業に参加したりしました。

留学で学んだことを教えてください

自分の英語の実力を知ることができたのはもちろんなのですが、私は語学よりも栄養学を学べたことがよかったです。アメリカでは栄養士は6年間学ばなければいけないのもあってみんな意識が高く病院で働きたい!と強く思っていました。医師レベルで意識が高くてプライドも高くもって勉強をしていることを知りすごく刺激になりました。

また日本の栄養士の地位の低さに疑問を持ったので、それを変えたいっていう気持ちが生まれましたね。これは行かなければ気づけなかったことだと思います。姉妹校だったから英語に関してはそこまで厳しくなかったのと英語の授業がレベル的には低かったかなと感じていたので留学する前に自分のレベルを知ってそれに合ったクラスを選択しなければいけなかったなと思います。少し物足りなく感じてしまったのでこれから留学を行く人は、日本で自身の英語レベルを把握しておくべきだと思います。

迷っている人に一言


とりあえず行ってみないとわからないことがあります。語学も行ったらなんとかなるし、もうね、なんとかなります!笑 最悪単語でも通じますしね。自分の語学力の低さで悩むのは無駄!結局日本で悩んでも、現地での会話にはついていけないです。いくらTOEICでいい点数とってても、話し慣れてなければ話せないから考えなくていいと思います。


関連記事

  1. 留学中の滞在方法1番安いのは??
  2. 人生最高の瞬間!?世界で一番盛り上がる年越しinタイムズスクエア…
  3. アメリカ留学〜慣れないといけない〜
  4. アメリカ留学〜トビタテ!留学JAPAN〜
  5. アメリカ留学〜グリフィスパーク〜
  6. アメリカ留学〜セルフサービス・ドリンク〜
  7. アメリカ留学〜イエローストーン・カントリー〜
  8. アラサー留学〜国選び〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダの家! Move for new house

こんにちは。Nobuです。カナダ生活、3日目!昨日、ホテルから一週間お世話になるお宅に引っ越し…

カナダに入国!イミグレカードの書き方・VISA受け取り方

こんにちは。Nobuです。にぎやかだったフィリピン生活から一転、一人になったのでなんだか寂しさを…

PAGE TOP