One project

米国在住の音楽家・Yasu Ichikawaさんにインタビュー【どうせ遊ぶなら遊び倒す】

かみ(@user_addr)です~

 

じつは昨日から実家で黒猫を飼い始めました。

みてください~可愛いでしょう~

 

 

田んぼに捨てられていたのだそうです。

とっても臆病な性格で、すぐ物陰に隠れてしまいます。

だから名前はすみっこちゃん(わたし命名)

 

 

(うさぎのぬいぐるみが気に入った様子)

 

慣れるまでまだまだ時間がかかりそう。

留学までに仲良くなれるのかしら…

 

 

 

 

さて、今回は初心者企画・インタビュー編。

今回はファン待望・いっちーさんことIchikawa Yasumichiさんの登場です~

 

アイキャッチ画像を作りながら思いました。

濃いなぁ…と(笑)

 

まずはプロフィールからご覧ください。

 

 Yasu Ichikawa 

 

静岡生まれ、大阪育ち。

関西学院理学部 / グリークラブ卒業後、3年間JCBで勤務。

2008年にアメリカのカリフォルニア州に留学

Fullerton College(A.A.)卒業(2011年)/ Azusa Pacific Univeristy(M.M.)卒業(2015年)後、St. Andrew’s by-the-sea United Methodist ChurchのDirector of Music Ministries、そのほかMusic Director、プロの歌手として音楽活動をする。

カリフォルニア州ロングビーチ在住。

 

 

 

 

社会人として3年働いたあとに留学。

とても行動力のある方だというのはすぐにわかっていただけるかなと思います。

 

そして現在はアメリカでプロの音楽家として活動中!

 

カナダONEに選ばれたときから、絶対にインタビューをお願いしようと決めていました。

 

 

 

いっちーさんとの出会いは昨年3月。

全日本合唱連盟が毎年主催する若手のためのコーラスキャンプ、通称JCAユースクワイアがきっかけでした。

 

そこにアシスタントコンダクターとして来日、参加されたのがいっちーさん。

 

明るい人柄でとても話しやすく、日本全国から集まった個性派メンバーをうまく纏めてくださいました。

みんなのお兄ちゃん的な存在です。

 

 

指揮者の先生の通訳も担当してくださったのですけれど、それが全て関西弁で(笑)

 

合宿でのハードな練習、先生も真剣に向き合ってくださるなか、いっちーさんが

 

「そういうのんはあかん~」

 

英語でよく聞く○○してはいけないの訳がほぼあかんの一言。

 

 

笑わないように、と思っても笑ってしまうんですよね。

気持ちがなごんでしまって。

 

本当に、その場の雰囲気をいつも明るくしてくださる天才です。

 

みんな大好き・いっちーさん。

 

カリフォルニアにお住まいで、なんと留学が終わったあと帰りがけに遊びにきて良いと言っていただけているのです~

 

 

 

そんないっちーさんへのインタビュー…の、前に!

 

去年に引き続き今年も出ます、JCAユースクワイア。

 

2018年3月17日の土曜日、松江にて。

留学直前ですががんばります。

 

お近くにお住いのみなさん、ぜひよろしくお願いいたします(笑)

 

 

 

 

 

それではインタビューをどうぞ~

 

※ちなみに【ほろ酔いインタビュー】ですが、ほろ酔いなのはわたしではありません。わたしではありません。いっちーさんの自己申告です。

 

カリフォルニア

 

カリフォルニア州在住とのことですが、いつからそちらに?

 

ロングビーチに住み始めてからは2年間。

カリフォルニアには10年間住んでいます。

 

 

 

 

 

 

今お住まいの町のよいところ、困ったところ…、おすすめスポットなどあれば教えてください。

 

よいところは、ヒッピーなカルチャーとLGBT/Dog Friendlyなところ。

おいしいレストランや落ち着けるカフェなどがあるのもいいですね。

 

ビーチまであるいて2分っていうのも気に入ってます。

 

2分!えっ、徒歩2分?
最高だ

 

困っていることはドラッグとかをしているホームレスが多いことですね。夜中に叫び声で起きることもあります(笑)

 

それは怖い…

気をつけてくださいね。

 

 

ちなみにとってもタイムリーな話題としてカリフォルニア州は2018年1月より医療用だけでなく処方箋無しでも大麻を合法的に持てるようになりました。

 

自分の留学先がドラッグに対してどういう姿勢なのかは事前にチェックしておきたいポイントですね。

 

 

 

 

 

きっかけと海外経験

 

海外で暮らすことになったきっかけを教えてください~

大きい決断だと思いますが、やっぱり悩まれました?

 

バーバーショップという音楽のジャンルが好きでそのイベントのために2回アメリカに旅行したことがきっかけです。

 

1度目は何も考えてなかったのですが、2回目は留学の下見も兼ねていました。

 

 

バーバーショップとは

「バーバーショップ」とは、アメリカを中心に発展した独特のアカペラ四部合唱のスタイルで、その名のごとく、19世紀にアメリカの床屋さんで歌っていた黒人カルテットが起源だと言われています。

主に男声4部で演奏され、一つのパートが旋律を歌い、他の3パートがハーモニーを付けるのが一般的で、大体が最下声部と最上声部の間が1オクターブ以内で構成される「クロース・ハーモニー」(Close harmony)が好んで使われるのが大きな特徴です。

 

パナムジカ【Barbershopで行こう♪】より

アカペラ = 無伴奏のこと。

男声4部、というと男性だけで4パートにわかれて歌うスタイルのことです。

 

“一つのパートが旋律を歌い、他の3パートがハーモニーを付ける”は、ものすごく雑な説明をすると要するにハモネプのような…(各方面に怒られそうな比喩でごめんなさい)

 

 

仕事をやめるのが一番勇気がいりましたが、会社の人たちが本当にSupportiveで応援してくれたのも後押しになりました。

 

でも「今留学しないとあとで後悔する」って気持ちが大きかったです。

 

 

 

 

 

暮らす以前の海外経験、英語力はどのくらいでした?

 

ははははは(笑)

 

気になりますもん~(笑)

 

留学を決めるまでは「自分は海外に住むことはないから英語なんて一生必要ない」って公言してたくらいなので、英語はほんとになにもできなかったですよ。

 

わたしも留学を決意する前は日本文化ばかり好きで、あまり海外に興味がなく…

 

でもそこから勉強したわけですよね。

どういう準備をされました?

 

留学する前10か月ほど英会話教室に通いましたが、しゃべる度胸がついたくらいですかね?

 

しゃべる度胸は意外と一番大事かもしれないですねえ

 

 

 

 

 

今まで行ったことのある国を教えてください。

特に印象深く、また行きたいところは?

 

 

(アメリカ以外は合唱団のツアーでいっただけなので観光する機会は全くなかったですが)フランス、ドイツ、イギリス、ベルギー、ウェールズ、カナダにいきましたね。

 

 

カナダ!

 

トロントにいったけどほんとみんないい人だった。

 

 

どの国もちゃんと見ることができなかったので、どの国もいきたいです。

一番いきたいのはドイツかな?

 

本場のドイツビールのみたいです

 

 

 

 

 

 

 

日本とアメリカの違い

 

暮らし始めて、ここに驚いた!ということはありますか?

 

10年も住んでいるので最初のころのことはあんまり覚えてない。。。。。。

 

ですよねえ(笑)

 

日本語って忘れるんだなぁ、ってことかなぁ?(笑)

 

いっちーさんの関西弁通訳、クセになります。

 

 

 

 

 

逆に日本に戻った時、日本のここに驚く!というのは?

 

 

人がちゃんとしている! 順番守るし、時間守るし!

 

交通機関がほんとうに便利。

コンビニがすごすぎて、ご飯がおいしい。

 

 

なるほど~

よく聞きますが本当にそうなんですねえ。

 

 

去年の夏に日本でお会いしたとき、

 

蝉がないてる!!

 

とテンションを上げられていたのをよく覚えています(笑)

蝉といえば日本の風物詩ですが、「当たり前のこと」が日本と海外ではまったくの別物なのですね。

 

 

 

 

 

旅行と在住って全然違うと思うのですが、住んでこそ気ついたことはありますか?

 

 

根本的な考え方が全然違うし、法律ももちろん違う。

当たり前ですが、常識が違うのはやっぱりびっくりしますね。

 

 

でも私はアメリカのほうが日本よりあってたみたいなので、あんまり抵抗はありませんでした。

 

 

ちょっとテキトーに聞こえかねない言い方なので誤解されたくないのですが、そしてうまく説明できませんが、たしかにいっちーさんはアメリカっぽい!(笑)

 

 

 

 

 

住むようになって、ご自身の変化は大きいですか?

 

 

もっとオープンに、自分に正直になりましたね。

 

コミュニケーションも空気を読むというよりもいいたいことがあればいうようにしています。

まぁ言えないこともいっぱいありますが、日本にいたときよりははるかにDirectです。

 

 

日本では空気をよめないと敵視されたりしますもんね。

でもきっとそういう日本らしさも良いところはたくさんあって、一方のアメリカではそのオープンさが大事にされる。

お国柄というか、国民性なのかもしれません。

 

 

 

 

 

アクシデントというか、これは焦った~というようなハプニングがあったら教えてください。

 

 

病院!!

しんどいときに病名とか症状をググるのはほんとに困った。。。

 

 

あぁ~…

留学前は、たとえばお腹が弱くてよく痛くなるタイプとか、発熱の前はたいてい鼻風邪を引くとか、定番(?)の症状は事前に単語を控えていった方がよさそう…

 

 

あとはビザの更新入国審査かな?

失敗したら強制帰国か不法滞在なのでびくびくです。

 

数か月前にやっとグリーンカードがとれたのですが、面接も緊張して死にそうでした。

 

 

大統領が変わってから、そのあたりがより厳しくなったみたいですね。

 

 

グリーンカードとは

アメリカ合衆国における外国人永住権、およびその証明書の通称。

 

Wikipedia【グリーンカード】より

アメリカ合衆国連邦政府による米国の永住権及びその資格証明書(中略)は、初代の証明書が緑色だったことから「グリーンカード」の俗称がある

 

Wikipedia【永住権】より

 

グリーンカードの更新は10年毎に行われ(再審査なし)、永住権取得5年後から帰化申請が可能となるのだそう。

※米国市民と結婚している場合は3年、アメリカ軍に志願・入営した場合は2年後

 

主な取得手段は、

・家族によるもの

・雇用によるもの

・コンピューターによる抽選によるもの

・政治亡命

・難民

だそうです。

 

……コンピューターによる抽選?

 

 

 

 

 

 

 

 

アドバイス

 

わたし含め海外経験の少ない人に向けて、アドバイスをお願いいたします。

 

 

留学して1-2年は目標をつねにもって、それにむかって常に努力することが大事です。

 

こっちにきて適当に遊んでかえる学生をよくみますが、どうせ遊ぶなら遊び倒す。

そうでなければ死ぬほど勉強しないと後悔すると思います。

 

 

目的があって留学すると思うのです、後悔のないようにやれるだけやるべきです。

日本人の友達と遊んでいる場合じゃないですよ。

 

死ぬほど勉強します。

 

はははは、死ぬほど勉強してください。

 

現地の人との交流も勉強なのでそう言う意味では遊ぶのも大事よ!

 

 

 

 

 

わたしは3ヶ月留学予定なのですが、これは日本から持ってきたほうが良い!というアイテムってあります?

 

 

先進国にいくのであれば、最低限をもっていき必要なものは現地で購入することがおすすめです。

 

 

荷物は減らした方がいいということですね。

 

 

ただ3ヶ月ということであれば、自分にあった薬、電子辞書、保険付帯のクレジットカードを忘れないでいきましょう。

 

3ヶ月の留学保険をちゃんとかけていったほうがいいとは思いますが。。。

 

 

もちろん、もちろんそうです!(笑)

(3ヶ月をクレジットカードの付帯保険で乗りきるブログを前回書いたばかり)

 

 

 

 

 

治安も気になるところです。

身を守るためのアドバイスがあればお願いします。

 

 

危険な/危険そうな地域には本当に近寄らないようにしましょう。

 

特に語学ができないうちは余計危険です。

現地の人がいっしょにいないときは危ないと思うところは可能な限り避けましょう。

 

 

君子危うきに近寄らず、ですね。

 

 

あとペッパースプレーとかもいいと思います。

 

ものすごいフレンドリーに思える人もだまそうとおもっているかもって思うくらいの心構えがはじめのうちは必要かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

ほろ酔いって…、照れ隠しですか?と聞きたくなるくらい参考になるお話をたくさんしていただきました。

 

とくに最後のアドバイスの項目は全留学生に読んでもらいたい。

わたしも改めて気持ちが引き締まりました。

死ぬほど勉強して死ぬほど遊んできます。

 

日本での就職、アメリカへの留学、そして実際に向こうで活動されている方なので、言葉のひとつひとつが真っ直ぐにこちらに届いてくるような感じ。

 

いっちーさん、このたびは本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

週間ランキングにone projectの記事が上がっていましたが、需要のあるタイミングなのかしら?

 

第8回の締切から約2週間。

選考中の方にも、第9回への応募を考えている方にも、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

【one project選考を全力で振り返るシリーズ】

 

7代目oneたちの選考振り返り
└ここから各ブログに飛べる便利なまとめ記事。

 

書類選考~Skype面接①
└熱意と本気を伝える!松岡修造のように!

 

Skype面接②独自プロモーション
└とにかく準備が命。鋼のメンタルも準備。

 

最終選考~追加面談
└素直な心と用意した鋼のメンタルを装備。

 

 

 

無料の留学相談、カウンセリングの予約はこちらのフォームから。

少しでも気になればまずは無料留学カウンセリング

留学GEARでは留学費をおさえることに真剣に取り組んでいます。留学GEARから留学に行く人は全員費用をできるだけ削減し、現地での有意義な経験に費用を使っています。そしてその経験をブログにし、支援金を受け取っています。留学費以上の支援金を受け取る方もいらっしゃいます。
世界15カ国500校以上の語学学校と提携しております。留学や奨学金に少しでも興味があれば気軽にお問い合わせください。全英語圏に留学、視察しているスタッフ、JAOS認定の留学カウンセラーなど、経験豊富なカウンセラがご対応させて頂きます。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

留学検討中の国

備考

 


関連記事

  1. シーバス カナダ留学〜シーバス〜
  2. クラフトビールの隠れ名店で大人のグレープフルーツジュース
  3. バーディのマルタ留学とこれから
  4. 無料留学 One project ついに終わりました・・・YO…
  5. Sightseeing in Montreal~モントリオールの…
  6. カナダ留学〜留学ビザ〜
  7. 社会人の方必見👀三連休でヨーロッパ✈️✨美味し過ぎた飲み物🍹
  8. 自分を表現する武器

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. 米国在住の音楽家・Yasu Ichikawaさんにインタビュー【どうせ遊ぶなら遊び倒す】

    かみ(@user_addr)です~   じつは昨日から実家で黒猫を飼い始めました。 みてください~可愛いでしょう~ ...

  2. [留学のカタチ]NGOCatalyst/法政大学4年 一場翔貴さん〜あなたにもできる留学の広げ方〜

    NPO法人Catalyst 一場翔貴 × OneProject/国際ボランティアコミュニティGooodwills てらたく 対談企画第...

  3. 世界一周体験記〜SIMカード買うの思っていたより簡単過ぎた〜

            こんにちは!Tomです! 海外では、本名のTomohiroは長いので...

  4. 【まとめ】7代目OneたちのOne Project選考ふりかえりブログ一覧【随時更新】

    それぞれの夢があり、それぞれの留学がある。 7代目oneたちによるone project選考の記録。 one projectに挑戦する皆さ...

  5. 【 デザイナーKitty Blog 】グアム③ 夜の街と、芸能人がよく来るBAR

    2017.12.06 (wed) タモンでは夜になると街中の看板がキラキラ光って、昼とはまた違う景色になります*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*...

  6. 【海外旅行保険】留学中のおすすめクレジットカード2つ【決定版】

    かみ(@user_addr)です~   海外旅行保険は、“3ヶ月間”はクレジットカード付帯がおすすめ。 長期留学の場合なら...

  7. 婚活看護師ナカダの独り言~英語の発音は大事か?~

    発音は気にするなとは思わない。ほとんどの日本人が気にしすぎて話せない。発音は気にするな。がんばれ日本人。もっと世界に物申したりなさい。日本人ってだけで...

  8. 婚活看護師ナカダの6回目の留学~送別会~

    全部で4週間いたんだけど、最後の週はいろんな国の生徒でいっぱいになって楽しかった。日本、フランス、オーストリア、イタリア、南アフリカ、コロンビア、ベル...

  9. 7代目カナダoneが全力で振り返るone project【最終選考+α】

    かみ(@user_addr)です~ こんにちは~     いよいよone project最終選考のお話。 ...

  10. He said that that that that that girl used was wrong.

      かみです~   レアジョブ英会話の広告がおもしろい。   べつに会員ではないのですが(...

おすすめ記事

婚活看護師ナカダの20キロ増加した体重〜今年は打倒バナナの木!〜

人生で一番やせていたとき、私は48キロだったのですよ。そのときは病気でやせてしまった…

ヲタクOne(17)ヲタクゴト抜きで2017年を振り返る〈後半〉

尊敬する偉人は、タッキーです。どうも、てんです。…

PAGE TOP