Loop

留学やワーホリでのお金の持って行き方。みんなは私のようにヘマしないように!!

ベトナムから帰ってきたのがカナダに飛び立つ10日前くらい。

最後の土日どこにいたかというと、ディズニーにおりました。

ほんと頭おかしい。

めっちゃ楽しんだんですが、結果、準備が全く進まず^^

出国2日前まで仕事に追われ、1日前になって焦り始めるワシ。

↑いやマジで焦ったほうがいい

 

何に焦ったかというと、お金の持っていきかたですwww

こんな、真っ先に考えなきゃいけないようなことを出国1日前になって考え始めたので、結局何もできませんでした^^本当にばか^^

 

事の発端は去年にまで遡ります。

去年の夏頃、カナダドルのレートがとても下がった時がありまして。

いくらだったかな・・・1ドル70円台だったのは覚えてます。

そんときに、金にがめつい私は都内のめちゃめちゃレートいいところで一気に130万ほどカナダドルに両替したんですよ。

16000ドルくらいになりましたね、確か・・・ニンマリです

 

ところが、この手元にたんまりあるカナダドルをどうやって持ち込むかっていう問題に出国間際になってぶち当たりましたwww

っていうか前々から薄々気づいてはいて、「銀行で外貨口座作れば送れるっしょ」って安易な考えていたんですが、ごっつ高い。

びっくりですよ、1ドル送るのに9円かかるとか言われた。アホか。

その他送金手数料とか諸々入れたら10万とか超える。カナダドルを送るだけで。

 

・・・いやっす!!!!!!無理っす!!!!!!!!!

 

出国1日前で追い詰められた私が次に考えたのが、「もう飛行機にリスク覚悟で持ち込むか!?!?」です。

このリュックだけは何があっても手放さない、という覚悟で持ち込むか。カナダは10000ドル以下まで申請なしで持ち込めるので、いけなくはない・・・・(もうこの発想から相当追い詰められているのが伺えます

しかしここで目の前にたちはばかったのが、上海。

実は何を隠そう、カナダに入る前にディズニーヲタの相方と上海ディズニーに行こうとしていたんです。

この上海立ち寄りが全てを不可能にしてしまった。上海には、現金50万円分しか持ち込めないんですよ!!!!!

 

なんやねん上海!!!!!!!50万円で年末の一時帰国までどうやって過ごせっちゅうねん!!!!!何様だよ上海!!!!!!!!

結局、4000カナダドルだけ持ち込み。たりない分はマネパカードからその時点のレートで引き出すことに。

今もカナダドルは安くなっているので、まあいいかな、と・・・そもそも手数料極限までケチろうなんて発想がなければ、なんとでもなるのだ・・・号泣

 

残りのカナダドルは、一時帰国の際に持って行こうと思います。

以上、準備はマジで計画的にしましょう、というお話でした。


関連記事

  1. 世界一周体験記〜ロンドンでイケてるOLがスタバのカップを片手に通…
  2. フレンチフライ カナダ留学〜食事〜
  3. 春休みに短期留学しませんか?
  4. 失敗は発見。発見から次へ。
  5. 留学費タダ!?One project~5代目フィリピンOneに選…
  6. One project〜最終選考と素敵な出会い〜
  7. 今のお仕事紹介!とカナダに来て思うこと
  8. 二週間でここまで変わる!これが『本来の価格』!他社との徹底比較

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダに住む人々の性格・特徴

こんにちは!Tomoです!こないだ、本当に久しぶりにプールに行き、また水泳の…

【エストニア入国】ヘルシンキからタリンへ行くフェリーが豪華すぎ!!

やっと!!やっっっっっっっと!!!!物価お化け…

PAGE TOP