マルタ留学

コテコテ関西弁英語講師の地中海留学〜東欧の就活事情と日本人がヨーロッパでモテる場所

どうも、肌の色が黒すぎて最近きた日本人には英語でしか話しかけられない宇野ちゃんです

 

 

 

 

 

さあ今日は、観光地ではなく、ヤンカが大学時代勉強していた、チェコの学生の街とも言われる、ブルノに連れて行ってもらった

 

国のことをもっと知るためには、観光地ではなく、ローカルな場所なんよなーーーー

 

結局、観光地って世界中から人が来るから、その人たちのニーズに合わせるためにちょっとずつ現代化していくし、ほんまの地元文化は絶対に感じられへん

 

またまた、観光地は正直テレビでもみれる

 

だからこそ、地元の街にいけるなんて、なんて貴重な機会!!!

 

そこで実際に、チェコの人たちがどのようなライフスタイルを持っているのか確かめたかったし、なによりヤンカのオススメするところなので、ブルノという街に今回は行ってみた!!!

 

 

 

 

ネットでバスを予約して、プラハ中央駅のバス乗り場へ

 

 

 

コーヒーとサンドイッチを買って乗車

!?!?

 

 

なにこのバスのクオリティー、、、、、、

シートはフカフカやし、広いし、荷物おくところもあるし、
映画観れるし、音楽聴けるし

 

しかも、サービスとして紅茶が提供されているのだが

ほんのりあまくて、今まで飲んだ紅茶の中で一番うまい、、、、

 

 

 

日本へ長期で留学していたヤンカが行っていたのだが、チェコのバスは唯一サービス面で日本にかっているそう

いや、これは間違いない

 

 

いきしなのチェコの田舎風景を観ながら、会話を楽しみつつも、二時間半なんてすぐにたち

 

 

ブルノに到着

真ん中にそびえ立つ大聖堂がこの街のトレードマーク

 

 

ってか、プラハよりも綺麗  笑

 

 

空気も綺麗でおいしい

 

 

人も観光地と少なく落ち着いている

 

 

さっそく観光を開始

 

 

と歩いていると、そこらじゅうにアジア系のレストランが

 

日本食も多い

そして、地元のおっちゃんも日本語であいさつしてくれる

 

 

そう、ここブルノは学生の街だけあって、比較的アジアからの留学生も多い

 

 

 

 

 

また、ヤンカの通っていた大学では日本語学部があったり、定期的にアジアのフェスティバルなどが開かれていたりする

 

 

 

 

チェコは物価が安いことと、英語を話せる人が多い、また英語で授業が開講されていたりするので、英語を学びに日本人がチェコへ留学というのもある

 

 

そのあと、ヤンカオススメの中華系レストランで、久しぶりの中華

ヨーロッパのあのうっすくて健康ちっくぽい味、じゃがいもとパンだらけの毎日にあきあきしてきて、たまにアジア系の意味わからんくらいスパイスきいた味がめちゃくちゃ恋しくなる禁断症状が出るのだが、そうなったら中華レストランへいくのが常識

 

 

甘辛い鳥の唐揚げとピリ辛ビーフン

 

 

うますぎる

しかも、この2品とビール二杯で1000円はだいぶ安いな

 

物価も安く、アジア料理も充実しているし、英語の勉強もできる

 

 

東欧留学、かなりおすすめです!!!!

 

 

しかも、ヤンカいわく

 

 

日本人がこのブルノの大学の、日本語学部に留学すれば、モテるし確実に彼女ができる

らしい

 

 

理由
1、 日本語学部にはアジアからの留学生がほぼ大半が女の子
2、 みんな若者の話す現代日本語を学びたい(日本人の教授は大概、年がいってて頭が硬い)

 

 

 

日本語学部の子たちは、わざわざ日本食レストランにいって、日本人の若者スタッフを観に行ったりするほど

 

 

これはもう、一生に一回は東欧留学してみたい

 

 

 

そんな、チェコの人たちのキャンパスライフを見て観たいと思い、ヤンカの通っていた大学へ

 

チェコの大学生のキャンパスライフが垣間見れた

 

そのあとは、ヤンカが大学生のときによくいっていた公園へ

こういうところで晴れた日は、外でみんなでチェコビールを飲みながらかたりあったりするそう

 

 

野菜マーケット

 

 

そして、このあとは、ヤンカの友達、ヨルカと合流

 

 

 

三人で水タバコのバーへ

 

ここもまた、ヤンかのお気に入りのバーだそう

 

 

この雰囲気は日本にはないなーーー

 

 

時間があればビリヤードもできたりする

初めての水タバコ

 

 

タバコも吸ったことない自分

 

 

咳き込みすぎて死ぬかと思った

 

 

そのあとは、以前日本の大学で同じクラスだった、チェコ人のペトルがきたり、現在チェコに住んで三年目のベトナム人、ホンくんがきたり

わいわいしていました

 

その中でも

興味深かったのは、東欧の就職事情である

 

 

チェコは確かに観光の面では世界的に華やかに写ってはいるが、実際に現地の人たちはまともな職を見つけるのに苦労している

 

 

 

給与についてだが
月の平均月収はいい仕事でも、10万円いくかいかないかである

 

 

バイトもよくて時給で300円だったり、日本とはかなり異なる

 

 

でもまあこの給料でチェコ内で生活するのは簡単だ、と思うかもしれないが、そういわけでもない

 

 

 

確かに物価や、家の賃金などは比較的に安めかもしれないが、日本と比べてかなり変わるわけでもない

 

 

 

また、自分のように他の国に旅行することなんて、かなり難しくなってくる

 

 

チェコの人は、とにかく一定の期間までしっかり働いて、お金を貯めて旅行などのために休暇をとる

 

 

逆に、日本のように残業文化はなく、休みもしっかり年に27日間ある(ヨーロッパの国は基本的に1ヶ月間休みをもらえて、その時に旅行に行く人が多い。)

 

 

日本の年間の休暇はざっくりいって、10日ほど。

 

 

まとまって、海外旅行なんていけやしない

 

 

簡単にいうと、時間がない日本か、お金がない東欧

 

 

どちらがいいのか、正直よくわからないなと議論していた

 

 

 

また、東欧ではどれだけ優秀でも、いい職につけるかわからない、という現状がある

 

 

なぜなら、大学の専攻は就職に非常に関係してくるし(かなり早い段階で、将来を決めなければいけない)、
なにより、この国では“コネ”がかなり使われている

 

 

自分を例にして考えてみよう

 

 

 

例えば、ぼくは、18歳のときに高校を卒業して、なんとなく英語を勉強したいなと思って、国際文化学部という、文学部にはいって、わけのわからない歴史を勉強してきた

 

大学に入ってからは、インターンや課外活動を通して、ビジネス面のマーケティング分野に興味を持っていることが自分でわかった

 

学部の成績はまあ中の上

 

この条件をもとに、職をさがすが

 

 

よくいわれる人気の企業は、もうポジションがうまっていて、応募すらない

(日本の新卒なら、どれだけ人気企業でもほとんど新卒のポジションがある)

 

他の会社の条件を見るが、どれも給与など、業務内容など、自分にマッチしない

 

しかし、偶然にも、あの人気企業のマーケティングのポジションが空いた

 

ここに応募しようと決めて、応募した

 

しかし、応募者は、全国の同じような思いをもった人たち、たった一つのポジションのために

 

自分より学歴がうえのやつなんてざらにいる

 

結果は不合格

 

なぜなら、そもそも大学で勉強していたことと、応募しているマーケティングの業務内容は異なるから

 

そして、そのポジションに見事ごうかくした人は

 

たいした学歴を持っているわけではないが、以前のそのポジションにいた親族のものらしい

 

この例でわかるとおり、東欧での就職事情は結局、運とかになってしまう

 

 

よく、留学で出会う日本人で、やっぱりおれヨーロッパで就職したい

 

 

だって休み多いもん

 

 

と、いう人は非常におおいが

 

 

本当にそれが自分にとっていいのか、国の環境とともにしっかりと考えたほうがいい

 

 

今回の話を含めて思うが、

 

 

世界中を回って、日本はやはり非常に恵まれている

 

 

 

外食なんて、ラーメン屋やフアミレスでかなりうまい料理を1000円あったらしっかり食えるし、水も無料で提供される
(ヨーロッパだと、チップ、水の料金、全部含めて2500円はかかる。そもそも、ファミレスみたいなレストランはない)

 

 

カフェであんだけ気軽に勉強できるし、ながいできるコワーキングスペースとか、まじですごい
(ヨーロッパのカフェは少しレストランみたいになっていて、日本人みたいに受験勉強のためにカフェに行くことなどあまりない)

 

 

また、時間はしっかり守られてて、緊急時の対応もかなりはやい(クレジットカードとキャッシュカードを失くした話:以前の記事)
(ヨーロッパでは国にはよるが、遅刻なんて当たり前に起こるし、緊急時には目の前の人は「これは私の仕事じゃないから、あっちにいって」とか言われて、いろんなところに電話かけたり、臨機応変にはなかなか対応してくれないし、日本のように正確かつ、早急ではない)

 

 

 

就職に関しても、新卒を経験してある程度の大学を出ていて、4年間ひたすら遊んでいても、人気企業は難しくても、大手や中小企業は比較的簡単に入れる
(少子高齢化で、特に中小企業は人材を欲している)

 

 

なにより、日本のこういった状況だと、自分のビジョンや野心を持てる

 

 

モチベーションが気軽に保てるということだ

努力すればなんでも挑戦できる環境が学生には整っている

 

 

 

ぼくの周りは、かなりモチベーションの高い学生が多い

 

 

ひたすら自分探しをして、なにかと壁にぶつかって、悩んで萎えていたりする人を何百人とみてきた

 

 

しかし、まずこのプロセスにいること自体が、本当に恵まれていると思う

 

 

東欧のように、コネや学歴、早い段階での将来決定

 

 

などが社会で働いていたら、なにをモチベーションにしたらいいのか、正直わからない

 

 

なぜなら、結局がんばっても運にしかつかないからだ

 

 

だからといって、やったおれたち日本だしラッキーやん

 

 

ということを言いたいわけではない

 

 

 

こういった恵まれた環境にいるからこそ、恵まれない環境を率先して変えていく責任を持たなければいけないと思う

 

 

日本の新卒の就職事情、キャリア観は、いい方向に向いていると個人的に思う

 

 

自分の意思をもって積極的に社会に働きかけようとするイベントやコミュニティーが増えてきているからだ

 

 

来年ぼくが入社する会社も、キャリア部門があり、自分のやりたいことや、わからないことを一対一で真剣に聞いてくれるプロフェッショナルがたくさんいる
(僕自身も、就活時代にお世話になった)

 

 

今では、就職活動をするにあたって、インターシップは当たり前になってきている、海外インターンシップも増えてきているし、なにより国からの留学の奨学金制度もかなり充実してきてる

 

 

努力さえすれば、やりたいことに挑戦できるのは、本当に恵まれている

 

だからこそ、一人一人がビジョンをできるだけ早く見つけ出して、それに走り出したら

 

自分も社会も、お互いにとってメリットになるやろうなーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、そのあとはお腹が減ったので安定のケバブを食べ、ヤンカと友達がバス停まで見送りにきてくれた

 

このチェコの旅は、日本にいては気づけない、非常に多くの貴重なものが学べた

 

 

やっぱり、英語は自分の人生をさらに豊かにしてくれる!!!!!

 

なにより

 

 

ヤンカ、には本当に感謝

 

 

 

*宇野ちゃん(宇野 魁人)
大学生1回生の時に、ALTへの恋がきっかけという、粋な理由から英語を本気で勉強。
京都駅、観光地、様々なところで外国人をガイドし、そんなワイルドな勉強法が認められ、外務省主催のプロジェクトに参加し、アメリカへ渡る。
さらなる、英語力の飛躍を求め、フィリピンの山奥、日本人の誰もいないド田舎、アイルランドへ2カ国留学。
帰国後は、ベトナムでのビジネスコンテストに出場し最優秀賞を獲得、
トビタテ留学JAPAN7期としての選抜、フリーでTOEIC900点講師としても活躍。
現在では、教育業界で注目を集めるEdtecを利用した英語講師として、アメリカの学者とともにオンライン英会話教室の運営に携わっている。
18年春から、銀座で未来のグローバル教育に向けたコンサルタントとして教育系大手企業に新卒入社。
生粋の英語好き、様々な留学スタイルを経験してきた宇野ちゃんが、留学における英語学習に役立つ情報、また関西人の代表として地中海のおかしなところをどんどんツッコんでいきます。


関連記事

  1. ヨーロッパ留学〜どの国がおすすめ?〜
  2. 11月ランキングT O P 3☆
  3. フィリピン&マルタ留学〜島留学比較〜
  4. マルタで行きたいところ!!
  5. マルタ留学〜電圧とプラグ〜
  6. IELSマルタ留学〜電源について〜
  7. マルタ留学〜マルタの食事〜
  8. 第5回マルタOneバーディのワガママ留学が叶う!〜マルタ留学の魅…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect 留学ブブロガー大募集 オンライン英会話AIU保険t@biho保険

週間人気記事ランキングTOP10

  1. 大解剖!ボストンキャリアフォーラム

    ちんともです(^^) 最近PV数が逐一見れない仕様に変わってしまったのですが、 PVによって記事出すタイミング決めてたのでちょっと面食らっ...

  2. 本場デンマークの森のようちえんに行ってみた〜旅する保育士のToyBlog〜

              世界一周出発前、もしデンマークに来たらどうしても訪れたい場所があった。...

  3. 3ヶ月間授業料免除で留学する方法 はろブログ

    こんにちは、はろです!久しぶりの更新になってしまって申し訳ありません。 3ヶ月間授業料免除で留学する方法! 英語を学びたい 生の英語に触れたい ...

  4. 【 デザイナーKitty Blog 】モスクワトランジット③ ロシアにある!世界一可愛いスタバのタンブラーとビザの取得方法

    【追記】2017,12.01 (fri) こんにちは\( ˆoˆ )/ パリ行きモスクワ経由の航空券を選んだ理由のひとつ、それは… \スタバのタ...

  5. はじめましてブログ。

    こんにちは。はじめまて。 ブログ奨学生に挑戦させていただくことになりました。 ゆめみことSunny(サニー)と申します。🙌 ブログ自...

  6. 🤺🐨~行ってきます!〜🐶🍚

    遂に今から3ヶ月間、イギリスへ行って参ります! もう楽しみで仕方がないですし、早く雰囲気を味わいたいです😆 今回は前回のアメリカ留...

  7. 7代目カナダoneが全力で振り返るone project【Skype面接②独自プロモーション】

    かみ(@user_addr)です~ こんにちは~   最近K-POPのTWICEにハマりました。 全員かわいくて大好き…。...

  8. 語学学校の選び方 -フィリピン・Mina の場合-

    こんにちは!FRIENDSにどハマり中のMinaです(^^) 今日は monol (語学学校名)を選んだ理由 について書いていこ...

  9. 【まとめ】7代目OneたちのOne Project選考ふりかえりブログ一覧【随時更新】

    それぞれの夢があり、それぞれの留学がある。 7代目oneたちによるone project選考の記録。 one projectに挑戦する皆さ...

  10. ナースのアラサー留学 〜やっと完成ホームページ〜

    こんにちは!最近日本人の友達ができて、日々のストレスを日本語でみんなに話すことでリデュースしているMihoです!! 国際交流も大切ですが、時には...

おすすめ記事

Byron Bay in Australia

私が今一番行きたいところは話題になってきてお洒落の最先端とも言われるオーストラリアのバイロン…

【 デザイナーKitty Blog 】イギリス② ロンドンにしかない!BURBERRYのカフェ

2017.12.12 (tue)BURBERRYの創始者であるトーマスさんが店名の『 Thoma…



  

  

留学GEAR

One porect
留学ブブロガー大募集

オンライン英会話
AIU保険t@biho保険

国別の留学情報



























PAGE TOP