ICC

ICCハワイ 〜どのコースを選ぶ?〜

みなさん こんにちは、Mikiです。

2017年もあと3ヶ月で終わってしまいますね。

2018年はいよいよハワイに行くので楽しみです!

 

さて前回から1ヶ月近く空いてしまいました…

前回はICCハワイについて紹介しましたが、今回は実際にICCで開講されているコースについて説明したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・コミュニケーション英語コース

ICCの中で一番人気のコースです。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つを中心に勉強し、実践的なコミニュケーション能力を身につけます。

初級から上級まで6レベルに分かれており、入学日にクラス分けテストを行い自分にあったレベルの授業に参加できます。

長期割引もあり、じっくり英語を勉強したい方にはもってこいのコースだと思います。

 

おそらく私もこのコースに申し込むと思います。

 

 

 

 

 

 

次は

・ケンブリッジ英検対策コース

世界中の大学、政府、企業から高い評価と信頼を持っているケンブリッジ大学。

それに特化している対策コースでICCハワイは多数合格者を輩出しており、ハワイNo1の実績を持っています。

試験官経験のある講師を含み、レベルの高い講師軍でサポートしており、国籍が偏らずアジア圏とヨーロッパ圏で構成されたクラスで国籍のバランスも特徴の一つです。

更に公式の試験会場として認定を受けています。知らない会場でテストを受けるより馴染みのあるキャンパスで受けた方が安心して、精神的にも落ち着けるという大きなメリットもあります。

また、ケンブリッジ英検対策コースの中に更に3コースに細分化されており、個々のレベルや目的に合わせてより的確なコースが選択できるのメリットの一つです。

 

 

 

 

 

 

次は

・マンツーマンビジネス英語コース

プロフェッショナルな英語のスキルを必要としている学生に対してカスタマイズが可能なプログラムを提供しています。

自分の苦手とする項目であったり、必要とする内容を効果的尚且つ効率的に学ぶことができます。更に必要としている項目に特化した経験豊かな講師に集中的なケアを受ける事が出来ます。

このコースの特徴として好きな時間に好きな場所で授業を受けられるという最大のメリットがあります。インターンシップや講義等で忙しい人には短期的に効率の高い授業が受けられるのでとてもメリットは大きいです。

 

 

 

 

 

 

そして最後に

・サービスラーニング

ICCハワイでESLプログラムを終了した学生尚且つVISA保持者に対して認められているサービスです。

サービスラーニングの機会を紹介してくれ実際の職場環境で英語がどのように利用されているかを実践的に学べることができます。

受け入れ先の企業の一覧としてJALやJTB、ヒルトンホテル、HAWAIIAN AIRLINESなど大企業でより実践的な英語を学べる機会があります。

将来ハワイで働きたいと思っている学生に対して嬉しいサービスです。

 

 

 

 

 

 

番外篇ですが、実は、もう一つあります。

 

・大人のハワイ留学50+

50歳前後の成熟した学習者専用に作られたコースです。

10代、20代、30代といった若い世代の人と一緒はちょっと心配、不安…

という方向けで、50歳前後の世代をターゲットにしたコースで、同年代の人たちとゆっくり学んでいけます。

午前授業であったり、毎日授業がなかったりとゆったりしたスピードで学びたい人にとっては最適です。

 

 

 

 

 

こうやって改めてみるとたくさんのコースがありますね。

皆さんは気になるコースありましたか?


関連記事

  1. フィリピンセブから「カオハガン島」への行き方
  2. GTOの週末
  3. 世界一周体験記〜小値賀町と野崎島〜
  4. 世界一周体験記〜レイキャビク滞在におすすめしたいバスホステル〜
  5. 世界一周体験記〜僕のバックパックが1人旅にでたようです〜
  6. 世界一周体験記〜何か語れる日本文化を1つ〜
  7. 突然ですが、ニューヨーク行ってきました。(写真多め)
  8. ナースのギリホリ留学 〜和製英語〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

おすすめ記事

【道産子おちほがゆく!】⑤おちほ、の素性

Hi:) おちほです初回から先延ばしにし続けた 自己紹介、、、散…

奨学金をもらって留学に行くためのブログという選択肢【かみカナダ】

かみ(@user_addr)です~ こんにちは~奨学金をもらって留学に行…

PAGE TOP