アイルランド留学

ナースのアラサー留学 〜go!go!Malta!!〜

こんにちは!引っ越しして友達の家に住むことになってからは、フラットメイトが全員仲いいのでいつも誰かがなにか作ってくれて、自分のご飯が終了してからまた一緒にご飯を食べるようになってしまっているMihoです!!

日本に帰ってすこーしだけほっそりして帰ってきたのにな (T ^ T)

 

前回のElectric Picnic仕事編、閲覧ありがとうございます!!
壮絶に忙しいですが、それだけ充実しているということなので、精一杯Enjoyしてます!

疲労困憊アゲインですが...
マルタのブログを書いてマルタを思い出し、気力をふりしぼります!!

入国審査編でもちらっと書きましたように、
一度ダブリンに帰ってきて引っ越し先の部屋を片付けた後、
マルタに行ってきました!!🇲🇹

いつだったかブログでも書いたかもしれませんが、
わたしはアイルランドでワーホリができることを知る前は、マルタに留学しようと思ってました。

なので、あこがれの国 ♡

そんなわたしに今年に入ってからほとんど連絡を取っていなかった久しい友達から連絡が来ます。
もともと友達で、バンクーバー留学の時期がかぶり、毎週のようにべろべろになるまで飲み明かしていた友達が、
なんとマルタに留学していると!!!!!

こりゃあ行くしかありません!!

一時帰国の時期にくっつけてサンドイッチ屋には休みを申請し、
4日間の強行スケジュールで行ってきました!!!!!

 

マルタ到着は夜中の1時、マルタ出発は朝の6時というハードなフライト...
日本に帰った際の充電がなければやり遂げられなかったと思います... 😈

今回ももちろんRyanair。
ひたすらお世話になってます!
Ryanairについてはもう何度も記事にしているので過去のものを参照して頂けるとうれしいです。

そして空港からホテルまではリムジンバスを使いました!!

事前ネット予約で往復€16。
websiteは英語ですが、必要箇所を入力していくだけなので簡単。
Malta transfer.com → http://www.maltatransfer.com

かなり遅い時間まで対応しているし、
タクシーよりもかなり安いそうなので、路線バスがもう終了している時間に到着する場合はかなり重宝しますね。
空港出口を出たら、左へ左へ進むと各輸送会社のカウンターが並んでおり、そこにMalta transferの窓口もあります。


ここはプリントアウトしていかなくても名前を伝えるだけでOK!

やっとのことでホテル到着!!
友達は昼間にチェックインしていましたが、その日に行われていたバカでかい音楽フェス「Tomorrow Land」に参戦していたためお留守。
https://www.tomorrowland.com/en/unite/welcome

そして真夜中の再会。
バンクーバーでお別れしてから実に5年ぶり!!

お互いなにも変わってない!!笑

しかしお互いドロドロに疲れていたので、その日はひとまず就寝。

次の日から、彼女の学校の友達とも合流して、いざ
海水浴!!!!!

なんと美しい海でしょう ✨✨✨

でもわたしは海に入ることをためらいます.....
覚えていますでしょうか.....

ポルトガルの思い出が甦ります...
あの冷たい海が......(^^;;

 

おそるおそる入水 🌊

 

なんと!!!!!
あったかい!!!!!!!

なんとあったかいことでしょう!!!

そう、ここは地中海のど真ん中。
すぐ南にはアフリカ大陸。

全てがポルトガルと違いました。
そしてダブリンとも。

友達もあきれるほど、身体がふやけるほどにずっと海に入っていました 笑

夜はバレッタ(首都)の旧市街をぶらぶら散歩。
夜のオレンジの光がマルタストーンをぼんやり幻想的に照らし出します。


埠頭には大きな大きな豪華客船も。
地中海クルーズの途中でしょうか。

夜も全然寒くなることはなく、
ずっとタンクトップ短パンでOK。

ただ、移動中のバスは鬼寒
上着必須です。

 

次の日はフェリーに乗って観光の島、コミノアイランドへ。


ここは岸壁都市のマルタには珍しく、砂のビーチがあり、
「ブルーラグーン」と呼ばれる一大観光スポットがあります。

わたしたちもそのブルーラグーンを拝むべく、一度はそちらに足を向けましたが、


猫の額ほどの砂のビーチにはパラソルがびっっっっっっちり!!!

ゆっくりできる場所なんて到底なさそうに見えたため、
諦め反対側にある岩場に向かいます。

ここは岩場を削ってスロープが作られており、そこから海にエントリーできる作りになっています。

ことらは比べ物にならないくらい人が少なく、
けれども海は奇麗で、
結果最高👍

ここでビールを飲みながらひとしきり泳いで、


また船に戻って休憩したり、
岩場で横になってみたり、
漂流していたレモンで遊んでみたり、

身体はものすごい疲れていましたが、
暖かく奇麗な海、すばらしい天気に癒されます。

 

やっぱりここに来たい!!
住んでみたい!!!

 

という欲望が強くなりました。

 

青い空、奇麗な海、暖かい気候。
全てわたしの好みです。

そもそも考えてましたが、
次の目標が固まった瞬間でした。

 

 

ただ行ってみて帰ってきてみて思ったことは、
最初にダブリンを選んで良かったな、ということ。
マルタ人とも友達になりましたが、
公用語は英語といえども彼らの母国語はマルタ語。
英語でのコミュニケーションはちょっと困難な場面がかなりあったように思います。

スーパーでも、欲しいものを聞いても通じないことが多い。

マルタの語学学校は行っていないので分かりませんが、街に出て英語を使って英語を習得する、
にはちょっと物足りないように感じました。

 

まぁ、行きますけどね。

 

今回も長々おつきあい頂きありがとうございました!
ブログ始めた当初は1000文字前後でまとめる、それがちょうど読みやすい、
なんて考えていましたが、今2296文字目。笑

どんどんどんどん長くなるわたしの記事を読んで頂き本当にありがとうございます!!!

次回からもぜひよろしくお願いしますね♡


関連記事

  1. ラオスから被災地「熊本の人々へ」~50000キップのTシャツに込…
  2. フィリピン留学〜打倒IELTS6.5〜現金、クレジット、国際キャ…
  3. ナースのギリホリ留学 〜文化の違い〜
  4. ニュージーランド留学〜トランピングのスタイル〜
  5. フィリピンで過ごす誕生日…フィリピン留学9週目
  6. 最後の桃源郷!?世界遺跡都市「ルアンパバーン」の散歩
  7. フレンチカナダ旅行 ~モントリオール・オタワ~
  8. 5代目マルタOne〜カラー好き美容師バーディの留学中オススメヘア…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

おすすめ記事

【道産子おちほがゆく!】⑤おちほ、の素性

Hi:) おちほです初回から先延ばしにし続けた 自己紹介、、、散…

奨学金をもらって留学に行くためのブログという選択肢【かみカナダ】

かみ(@user_addr)です~ こんにちは~奨学金をもらって留学に行…

PAGE TOP