IELS

コテコテ関西弁英語講師の地中海留学〜国籍の異なる三人での島旅と特効薬マルタの海

 

Hi, 宇野ちゃんです

 

ヌードビーチで泳いでいると、ドイツ人のローリンが泳いでいる時に岩にぶつかり、足をきってしまう。

 

 

結構な量の出血。。。。。。。。

 

 

 

大丈夫かと心配していたその先に、軍人のロシア人、ミカエルくんがアドバイス

 

 

 

海につけておけ。塩水はすぐに傷口を治す効果がある

 

 

軍人ならではのワイルドなアドバイス

 

 

ドイツ人のローリン「cool(ええやん)」

 

といって、何事もなかったかのように、また泳ぎ始める

 

 

 

ちょっとの傷口ではぴくりともしない感じがすごい。。。

 

 

日本人なら、すぐに病院いったほうがいいんじゃないかと気にするのに。

 

 

 

 

これは、なぜか考えてみたんだが

 

 

国の医療制度が関わるのではないかと、思っています。

 

 

海外は、日本のように保険がきいて、あんなに安く診断してもらえません。

 

 

診断料や薬など、めちゃくちゃ高いので、ある程度のことは自力で治すことが求められています。

 

 

 

最近、アメリカやヨーロッパではヨガマインドフルネスが流行っています。
あれは、自分の気を高めて、身体の免疫力を高めるためのエクアサイズとも言われいるんですね。

 

 

医療費が高額についてしまう海外では、このように自分で自分をしっかりとマネジメントすることができるか重要なんだなと思った。

 

 

そして、一時間くらい泳いでいると、まじで傷口が浅くなって来ている。。。。。

 

 

ミカエル凄すぎる

 

 

どうやら、のちに聞くと

 

 

マルタの海だからこそ、傷口に効果的らしい。

 

 

 

どういうことかというと、マルタでは国の条例で定期的に海を綺麗にしている。

 

 

そのためにも、環境税というものを、僕を含め留学生は全員納めなければ行けません(5ユーロ=550円)くらいです

 

 

常に海を綺麗にしているからこそ、バイ菌などが少ないのでしょう。

 

なので、もし今後マルタの海で泳いでいて怪我をしても、海につけといてください

 

 

 

 

 

 

そして、元いたバスストップに戻って、バスを待つ

 

 

相変わらずバス、全然こない。。。。。

 

 

なので、近くにあった、ジェラートのお店に

 

 

ここマルタ、いやイタリア全般的に、どこでもジェラートショップがあります。

 

イメージとしては、サーティワンがセブンイレブンみたいに地域のあちらこちらにある感じです。

マルタ、イタリアのジェラート

正直、とろけるくらいおいしいです

味が濃くて、また日本とは違います。

種類も何10種類もあって、迷ってしまいますが
ぼくは、よくミントとティラミス、クッキークリームを選びます

 

 

 

ワンスクープ、平均200円くらいなので、気軽に食べれます。
しかも、ワンスクープのサイズもでかいです。 笑
僕が一生マルタに住みたいと思う理由の一つです。

 

 

 

食べている間にもバスが来て、早速移動

 

 

やっぱり景色最高。。。

 

 

 

三人とも朝ご飯を食べていなくて、お腹が空いていたので、レストランを探すことに。
ここゴゾ島はシーフードが特に有名なのでfisher villageと呼ばれる、様々な海鮮レストランが海の前に並ぶ、夢のような街へ。

 

 

 

 

 

 

 

到着して、すぐさまシーフードにありつきます

seaside special pastaを頼んだのだが

これがもううますぎる

 

 

 

魚介の味が、パスタの繊維すみずみまでに行き渡ってる感じ

 

いくらでも食べれるなーーー

 

 

 

ゴゾ島に来る際は、ぜひシーフードを食べてください

 

 

 

次は、ブルーホールと呼ばれる洞窟でダイビングをしにいくため、その場所を目指します!!!

次回に続く

 

 

 

大学生1回生の時に、ALTへの恋がきっかけという、粋な理由から英語を本気で勉強。

京都駅、観光地、様々なところで外国人をガイドし、そんなワイルドな勉強法が認められ、外務省主催のプロジェクトに参加し、アメリカへ渡る。

さらなる、英語力の飛躍を求め、フィリピンの山奥、日本人の誰もいないド田舎、アイルランドへ2カ国留学。

帰国後は、ベトナムでのビジネスコンテストに出場し最優秀賞を獲得、

トビタテ留学JAPAN7期としての選抜、フリーでTOEIC900点講師としても活躍。

現在では、教育業界で注目を集めるEdtecを利用した英語講師として、アメリカの学者とともにオンライン英会話教室の運営に携わっている。

18年春から、銀座で未来のグローバル教育に向けたコンサルタントとして教育系大手企業に新卒入社。

生粋の英語好き、様々な留学スタイルを経験してきた宇野ちゃんが、留学における英語学習に役立つ情報、また関西人の代表として地中海のおかしなところをどんどんツッコんでいきます。


関連記事

  1. Tシャツ争奪に勝利
  2. 世界一周×留学体験記①~Dublin到着!そしてロストバゲージ!…
  3. IELSマルタ留学〜猫の国マルタ〜
  4. 19歳で40万必要? 〜初海外Part1〜
  5. 5回目の留学 マルタ共和国 〜留学を愛し、留学に愛されない男 宇…
  6. カナダのスタバで初めてフラペチーノ頼んだ
  7. ダウンタウンのおしゃれな無料の美術館
  8. Sightseeing in Montreal~モントリオールの…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

おすすめ記事

【世界遺産の旅】実写版ラピュタみたいな穴場世界遺産教会に行ってきたぽ

こんにちはSluggerです。留学をしてから毎日食堂にてCNNニュースを見てます。最初は全く英語を聞…

【 デザイナーKitty Blig 】ロシアトランジット① 美味しい?アエロフロート・ロシア航空の機内食

2017.11.17(fri)2016年の年末年始、今回は個人手配で航空券を購入しました。航…

PAGE TOP