留学国

海外体験記〜「魅了された異国の地」〜

名前:結城華奈江さん
場所:マレーシア
目的:語学留学

触れてしまった異国の魅力。多様な人種の集まる地で彼女が経験したこととは。

なぜ留学に、マレーシアに行きたいと思ったんですか?

留学を決めたキッカケは2つあります。所属するゼミでの活動で、マレーシアの学生との交流プログラムやブルネイへのホームステイをする機会があり、そこでマレー人やブルネイ人の友達がたくさん出来たんです。その時にお互いマレー語や日本語を教え合ってコミュニケーションをしていくなかで、もっとマレー語について学んでみたいという思いが強くなりました。
もう一つは、東南アジア旅行が好きで頻繁にエアアジアを利用していたのですが、真っ赤なスーツに身を包んだエアアジアのCAのお姉さんがたがセクシーで素敵で、漠然とエアアジアのCAさんになってみたいと思い留学を決心しました(笑) 留学へのネックは異国の地での生活環境、費用、言語でしたね。

マレー系・中華系・インド系といった3つの人種が交わっており、さらに国教がイスラム教であるためアラブ人も多く、様々な文化が混じり合って面白そうだなと思ったので。また、第一言語はマレー語ですがほとんどの人々が第二言語として英語を話せるため、コミュニケーションがとりやすいという利点もありました。

どのような準備をしましたか?

ゼミの先生や実際に同じプログラムでマレーシア留学に行った先輩から話をきいたり、マレーシアのガイドブックやインターネットの情報を基に。ですが、これから実際に自分で行くということもあり、あまりきっちりとは調べませんでした。現地の大学の履修登録や学生ビザについては大学の国際センターや事務局のスタッフさんたちを通して行いました。しかし、情報量が少なかったため、結局、履修登録も学生ビザの発行もせず、そのまま現地へ向かいました。航空券は自分でインターネット予約をし手配しました。

印象に残っていることはなんですか?

一番印象に残っているよかったことはマレーシア人だけでなく、かなえ1 様々な国からの留学生と仲良くなれたことやイスラム文化に出会い、肌で感じることが出来た点です。様々な違う文化をもった色々な国の人たちと交流ができたことで多角的な視点をもちコミュニケーション力がついた経験は今でも仕事に活かせています。一方でよくなかったことをあげるのであれば、履修登録のシステムが整っておらず自分がとりたいクラスを取れなかったことや、学びたかったマレー語の授業が開講されなかったことです。

迷っている人に一言


家族・友達と離れて異国の地で学び、生活をしていくということは大きな不安や孤独がつきまとうと思いますが、日本にいるだけでは得ることのできない経験や友人、感じ取れない何かが留学には詰まっていたなと改めて感じました。留学というと手段や費用など大きな壁のように感じてしまいますが、億劫にならずに少しずつ情報をあつめていけば、かならず道は開けてくると思います。


関連記事

  1. イギリス留学〜無料で行けるロンドン観光10選〜
  2. 1ヶ月に15回くらい人生が不安になる時がある話
  3. ついにアイルランドへ出発〜フィリピン・アイルランド2カ国留学〜
  4. 自分を表現する武器
  5. クラフトビールの隠れ名店で大人のグレープフルーツジュース
  6. ロサンゼルスに旅行に来たら隣街のパサデナへ
  7. 海外体験記〜「短期留学の中で培ったもの」〜
  8. One projectに落ちた男の末路~フィリピン留学に行く男の…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

おすすめ記事

京都の紅葉の名所を狩ってきた! はろブログ#9

こんにちは、留学を今か今かと待ちわびている外大生、はろです!ご存知かどう…

【ずぼらワセジョのキラキラ(?)フランス留学】Vol.24 アマルフィ

ホリデーが終わり、中間テストが終わり、ボスキャリも終わり、ようやく落ち着いたので、ホリデー旅行のこと…

PAGE TOP