アイルランド留学

世界一周体験記〜ドリプラでプレゼンすると夢が実現する3つの理由〜

はじめに

12711113_920203634729147_3857615938688200827_o

「ドリームプランプレゼンテーション」通称「ドリプラ」。

中には聞いたことがある人もいるかもしれない。

現在、農業・学生・保育などの業界ドリプラや、茨城•上海などの地域ドリプラなどなど、「愛と勇気と笑顔にあふれた社会を創る」という理念の下、このドリプラは日本中、世界中に広がっている。

 

どんなものかざっくり言ってしまえば、「個人が自分の夢をプレゼンするプレゼン大会」である。

 

「自分の夢をたくさんの人のにプレゼンするなんて、なんて素敵なイベントなの!!」

 

と、思ってくれる心の清い方もいれば、ドリプラを知った当初の僕のように、

 

「ただ夢をプレゼンするだけ?」

「個人の夢をプレゼンするなんてただの自己満じゃん」

「夢をプレゼンしてどんな意味があるの?」

 

という方ももしかしたら、この広い世界には僕以外にもいるかもしれない。

 

 

それでも僕は、「世界中の人が遊びに来れる保育園」を作りたい思いが強くなっていき、「世界中の人が遊びに来れる保育園」なんて、もし出来たら僕だけのものじゃないんだから、たくさんの人に聞いてもらい、たくさんの人に知って欲しいと思うようになり、【保育ドリプラ】に参加することを決めた。

 

2016年1月31日に僕のこの保育園をプレゼンしたが、保育ドリプラに参加する前と後で僕の人生は大きく変化している。

 

ドリプラに参加することにはどんな意味があるのか、実際プレゼンした僕個人の意見をまとめた。

 

1.誰にでも自分の夢を筋道をつけてプレゼン出来るようになる。

12825628_482627195261835_255922501_n

この記事を読んで下さっているみなさんは「夢」と聞いてどんなイメージを持っているだろうか?

「曖昧」とか「ふわふわしてる」とか「不確実」。
こんなイメージをもっている人が多い気がする。
僕自身こういうイメージがあるので将来作る保育園を「夢」と表現することは正直あまり好きではない。

 

例えば、僕が「保育園を作りたいんだ!」と大勢の人に声高に伝えようとしたところで、多くの人は「あ、そうですか」。めっちゃ優しい人でもせいぜい「素敵な夢だね!頑張って!」と言ってくれるくらいだろう。

 

だけども、多くの人の「あ、そうですか」という反応が普通だろう。
ほとんどの人が自分の人生で一生懸命であって、基本人の夢なんて他人事だ。

 

これならば「夢を語るなんてただの自己満だ」と言われても仕方がない気がする。

 

 

しかし、ドリプラでプレゼンターがプレゼンする「夢」は、これとは違う。

 

「どんな保育園を作りたいのか」

 

「なぜ僕がこの保育園作るのか」

 

「この保育園が出来ることによって誰に、どんな最高の価値を与えることが出来るのか」

 

これらの問いの答えがプレゼンの中に詰まっている。

これらを具体的に、聞いている人にイメージさせることで、「あ、そうですか」と言われていた夢が、「感動」「共感」を呼ぶ夢に変わる。

そして、これらの問いの答えが自分の中にあることによって、誰にでも自分の夢を筋道を立ててプレゼン出来るようになる。

 

それは別にドリプラなどのイベントに限らない。

 

日常会話の中で、友達でも、初対面の人でも、親でも、ペットでも、いついかなる時も自分の夢をプレゼン出来るようになる。

 

それはすなわち、人と出会った時が、自分の夢に感動・共感、もしくは協力してくれる人を増やすことの出来るチャンスになるということ。

 

2.協力してくれる人が格段に増える。

12615626_915275778555266_7465507842884936757_o

 

プレゼンすることで、共感してくれる人が増えることとは別に、ドリプラに参加するだけで自分の夢に協力してくれる人が出来ることがドリプラのすごいところ。

 

ドリプラでは、プレゼンする前に自分の夢を深掘りし、プレゼンを作っていくのだが、それは一人で作業を行うわけではない。

ドリームメンターと呼ばれる方や実行委員の方々が先程の問いを投げかけてくれたり、自分では気づかなかった夢の価値を提案してくれたりする。そして、その方々は本気で僕らの夢を叶えようと支えてくれる。僕らの夢を認めてくれる。

 

 

自分の夢を語るのが恥ずかしくてなかなか人には言えなかった僕にとって、これほど勇気づけられるものはなかった。

 

そしてドリプラが終わった後の今でも僕はたくさんお世話になっており、勇気づけられている。

 

プレゼンをする以前からこのような人達と出会えるというだけで、ドリプラに参加することはものすごい価値があると思う。

 

また、ドリプラからの縁があり、僕は今経営の勉強をすることが出来ている。

保育園を作り、経営していく上では欠かせない知識だが、大学時代は学ぶ機会がなかった。

そういう意味でもドリプラに参加してから、たくさんの信用出来る人出来て、夢の実現に少しずつ導いてくれている。

 

 

3.夢の実現に必要な情報が集まってくる。

12640341_916305268452317_633907358200908323_o

 

先程述べた経営のこともそうだが、僕が夢の実現に向けて達成しておきたいことの情報をたくさんの人が提供してくれた。

 

例えば、僕が保育園を作るまでに達成しておきたいことをざっくり書くと、

•経営について学ぶ
•世界一周をする
•英語を話せるようになるために留学をする
•保育についての知識をより深める

などなど。

 

もちろん、これを全て兼ね備えている都合の良い人はなかなかいないが、僕には今、それぞれの分野で「この人に教えてもらおう」と信用出来る大人がいる。それぞれの人から、「僕が作りたい保育園を作れる自分」になるためにそれぞれの知識を学ばせてもらっている。

 

この知識を全て独学で学んだり、これらの人との繋がりを個人で見つけるのはなかなか大変だろう。

だが僕はドリプラに参加することで、僕が「保育園を作りたい!」「世界一周をする!」と周りに発信することで、「じゃあ経営の知識が必要だよね」と言ってくれる人がいたり、「世界一周ならこの人が詳しいよ」と言ってくれる人がいたり、たくさんの人が情報を提供してくれた。

 

まだ、僕は夢を実現した訳ではないけれど、たくさんの人が情報を提供してくれているおかげで、夢を実現するスピードが圧倒的に加速している。

 

ドリプラに参加する前、つまり数ヶ月前は「こんな保育園が出来たらいいな」「いつか作れたらいいな」くらいの気持ちだったのが、今はどれくらい準備して、どのように実現していくか、が明確になってきている。

 

こうやってたくさんの人と繋がれること、そしてただの人ではなく、夢の実現に協力してくれる人と繋がれることがドリプラの最高の魅力だと僕は感じている。

 

おわりに

12640238_916304928452351_8503413170244011469_o

このようにたくさんの人が協力してくれると述べたが、それはただ待っていれば向こうからよってくるものでもなく、一歩踏み出し、発信することで手を差し伸べてくれる人が現れてくれる。

 

また、ドリプラでは「相互支援」という言葉があり、お互いに支援し合うことが大切である。正直、僕はまだたくさんの人にお世話になりっぱなしだけど、これからどんどん支援する側になっていきたい。

 

ドリプラは、プレゼンをすることがゴールではなくそこからがスタート。

 

僕の感覚としては、ドリプラでプレゼンを作っている期間は夢を実現するための土台づくりという感じ。

 

 

 

僕は自分の夢を語ることが恥ずかしくて仕方なかったけど、今は自分の夢に誇りを持っている。

そして、僕にしか作れない保育園であり、世界に最高の価値を与えられる保育園だと信じている。

 

 

 

 

僕は、マンガ「宇宙兄弟」の中に出てくる天文学者金子シャロンの言葉が大好きだ。

 

 

 

 

 

 

「個人の願いが集まって… みんなの夢って呼べるようになったら それはきっと叶うわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな最高な保育ドリプラの説明会がもうすぐ開催!!

なんとベストタイミングでしょう。

保育や子どもに対して熱い想いを燻らせているあなた!

保育ドリプラはそれを大勢に発信するチャンス。

今は全然具体的でなくてもいい。

「こんなんあったらいいなあ」でいい。

 

あなたの夢は、きっとあなたが思っている以上に価値があります。

 

第一回 5月17日(火)19:00〜
https://www.facebook.com/events/1725935614297102/

第二回 6月4日(土)14:00〜
https://www.facebook.com/events/224483527910823/

第三回 6月19日(日)14:00〜
https://www.facebook.com/events/1792086844347873/

 

なにかあれば連絡ください!

Facebook https://www.facebook.com/harada.tomohiro.16?fref=ts

 

 

 


関連記事

  1. 【Kitty】アイルランドでお米買いました!! 〜超簡単ご飯の炊…
  2. マルタ🇲🇹の客船へ!ー函館通訳滞在記③ー【Tales of Le…
  3. 語学学校卒業後に絶対にアイルランドでしたいこと3選
  4. いよいよ明日!世界中が緑色に染まる!?アイルランド発祥、最大の祝…
  5. ナースのアラサー留学 〜ボイン渓谷〜
  6. 無料留学 One project 〜秋と言えば…〜
  7. 無料留学One project 留学を決めるまで3
  8. HOLIDAYS IN MOROCCO ①

ランダム 運命の10記事

無料留学 One project〜インド・ネパール〜

Liliです!久しぶりの投稿です。ここ2週間、インド・ネパールにいたのですが、インターネット環境…

留学を決めたきっかけ

今回は留学に興味を持ったきっかけを振り返ってみたので、みなさんにシェアしたいと思います(^ ^)…

フィリピン留学〜打倒IELTS6.5〜現金、クレジット、国際キャッシュカードどれがいい?〜

ここ数日、次のフィリピン留学でお金をどうやって持っていこうかめっちゃ悩んでいました。前回は、一ヶ月程…

コミュニティカレッジ

こんにちは。ギアです。アメリカの2年制大学は大きく2種類あります。コミュ…

フィリピン留学〜島国フィリピンの魚料理〜

みなさんこんにちは。日本と同じ島国であるフィリピンは海産物に恵まれ、様々な魚介類が市場に並ん…

アイルランド留学準備~持ち物~

こんにちは!あっという間に2017年が終わろうとしていますね!振り返ると、今年も充実していて…

◆婚活ナカダ、カナダでヨガ+英語2◆

今回はトロントのヨガ情報。Toronto Sivananda Yogaというところになります…

【道産子おちほがゆく!】④OneProject〜2次選考:面接編〜

Hi:)ユニバの余韻からまだ抜けられないおちほです :lol:…

無料留学 One project 〜アイルランドの週末〜

こんにちは!アイルランドの週末の過ごし方について まとめてみました(*^^*)…

アメリカ留学〜イエローストーン・カントリー〜

こんにちは。ギアです。イエローストーン国立公園には一言では表せない魅力が詰まっています。その一つがイ…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. パリでスリの餌食になった

    ==まさか自分がスリにあうなんて==   こんにちはAKIEです 😛 留学に向けてこんなものを 買ってみました!! 自撮り棒...

  2. [KIMIKADOOR] きみちゃんのW杯解説⚽

    Hi!9代目フィリピンOneのきみちゃんです🇵🇭 突然ですが、2018年と言えば! 皆さんもきっと見ているでしょう!   ...

  3. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  4. 英語力の変化

    ブログを読んでくださっているみなさん、 お久しぶりです! 私は元気です!! 語学学校での英語勉強が終わり、 仕事を始めて約2ヶ月経ちます! ...

  5. 世界一周体験記〜SIMカード買うの思っていたより簡単過ぎた〜

            こんにちは!Tomです! 海外では、本名のTomohiroは長いので...

  6. He said that that that that that girl used was wrong.

      かみです~   レアジョブ英会話の広告がおもしろい。   べつに会員ではないのですが(...

  7. 7代目カナダoneが全力で振り返るone project【最終選考+α】

    かみ(@user_addr)です~ こんにちは~     いよいよone project最終選考のお話。 ...

  8. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  9. 電車で一本!!ニューヨークからモントリオールまで電車の旅をしてきました!

        どーもーー!ゆうちゃんです!     前回、『カナダ行く前に起こった悲劇』を書かせていただい...

  10. これが世界の最先端図書館!!親子に優し過ぎるデンマークオーフスのDokk1がすごい!!〜旅する保育士のToyBlog〜

          前回の記事でオーフス観光について書いたが、その際訪れたオーフスの公共図書館であり、文化センターの役割も...

PAGE TOP